歴代志下14
    脚注
    Theme

    第14章

    1 アビヤはその先祖せんぞたちとともねむって、ダビデのまちほうむられ、そのアサがかわっておうとなった。アサの治世ちせいくには十ねんあいだおだやかであった。

    2 アサはそのかみしゅしとえ、またただしとえることをおこなった。

    3 かれことなる祭壇さいだんと、もろもろのたかところのぞき、石柱せきちゅうをこわし、アシラぞうたおし、

    4 ユダにめいじてその先祖せんぞたちのかみしゅもとめさせ、おきてといましめとをおこなわせ、

    5 ユダのすべての町々まちまちから、たかところこう祭壇さいだんとをのぞいた。そしてくにかれのもとにおだやかであった。

    6 かれくにおだやかであったので、要害ようがいまち数個すうこをユダにてた。またしゅかれ平安へいあんたまわったので、このとしごろ戦争せんそうがなかった。

    7 かれはユダにった、「われわれはこれらのまちて、その周囲しゅういいしがきをきずき、やぐらをて、もんかんもうけよう。われわれがわれわれのかみしゅもとめたので、このくにはなおわれわれのものであり、われわれがかれもとめたので、四方しほうにおいて、われわれに平安へいあんたまわった」。こうしてかれらはとどこおりなくおわった。

    8 アサの軍隊ぐんたいはユダからもの三十万にんあって、たてとやりをとり、ベニヤミンからもの二十八万にんあって、小盾こだてをとり、ゆみいた。これはみなだい勇士ゆうしであった。

    9 エチオピヤびとゼラが、百万の軍隊ぐんたいと三百の戦車せんしゃひきいて、マレシャまでめてきた。

    10 アサはて、これをむかえ、マレシャのゼパタのたにたたかいのそなえをした。

    11 ときにアサはそのかみしゅかってばわってった、「しゅよ、ちからのあるものたすけることも、ちからのないものたすけることも、あなたにおいてはことなることはありません。われわれのかみしゅよ、われわれをおたすけください。われわれはあなたにたのみ、あなたのによってこの大軍たいぐんあたります。しゅよ、あなたはわれわれのかみです。どうぞひとをあなたにたせないでください」。

    12 そこでしゅはアサのまえとユダのまえでエチオピヤびとをやぶられたので、エチオピヤびとはった。

    13 アサとかれしたがたみかれらをゲラルまで追撃ついげきしたので、エチオピヤびとはたおれて、のこったものはひとりもなかった。しゅしゅ軍勢ぐんぜいまえやぶられたからである。ユダの人々ひとびとたぶんどりもの非常ひじょうおおかった。

    14 かれらはまた、ゲラルの周囲しゅうい町々まちまちをことごとくやぶった。しゅおそれがかれらのうえのぞんだからである。そしてかれらはそのすべてのまちをかすめうばった。そのうちおおくのものがあったからである。

    15 また家畜かちくをもっているもの天幕てんまくおそい、おおくのひつじとらくだをうばって、エルサレムにかえった。