士師記21
    脚注
    Theme

    第21章

    1 かつてイスラエルの人々ひとびとはミヅパで、「われわれのうちひとりもそのむすめをベニヤミンびとのつまとしてあたえるものがあってはならない」とってちかったので、

    2 たみはベテルにって、そこで夕暮ゆうぐれまでかみまえし、こえをあげてはげしくいて、

    3 った、「イスラエルのかみしゅよ、どうしてイスラエルにこのようなことって、今日こんにちイスラエルに一つの部族ぶぞくけるようになったのですか」。

    4 翌日よくじつたみはやきて、そこに祭壇さいだんきずき、燔祭はんさい酬恩祭しゅうおんさいをささげた。

    5 そしてイスラエルの人々ひとびとった、「イスラエルのすべての部族ぶぞくのうちで集会しゅうかいのぼって、しゅのもとにかなかったものはだれか」。これはかれらがミヅパにのぼって、しゅのもとにかないもののことについておおいなるちかいをてて、「そのひとかならころされなければならない」とったからである。

    6 しかしイスラエルの人々ひとびと兄弟きょうだいベニヤミンをあわれんでった、「今日こんにちイスラエルに一つの部族ぶぞくえた。

    7 われわれはしゅをさして、われわれのむすめかれらにつまとしてあたえないとちかったので、かののこったものどもにつまをめとらせるにはどうしたらよいであろうか」。

    8 かれらはまたった、「イスラエルの部族ぶぞくのうちで、ミヅパにのぼってしゅのもとにかなかったのはどの部族ぶぞくか」。ところがヤベシ・ギレアデからはひとりも陣営じんえいにきて集会しゅうかいのぞんだものがなかった。

    9 すなわちたみあつめてると、ヤベシ・ギレアデの住民じゅうみんはひとりもそこにいなかった。

    10 そこで会衆かいしゅう勇士ゆうし一万二千にんをかしこにつかわし、これにめいじてった、「ヤベシ・ギレアデにって、その住民じゅうみんを、おんな子供こどももろともつるぎをもってて。

    11 そしてこのようにしなければならない。すなわちおとこおよびおとこおんなはことごとくほろぼさなければならない」。

    12 こうしてかれらはヤベシ・ギレアデの住民じゅうみんのうちで四百にんわか処女しょじょた。これはまだおとこたことがなく、おとこらないものである。かれらはこれをカナンのにあるシロの陣営じんえいれてきた。

    13 そこでぜん会衆かいしゅうひとをつかわして、リンモンのいわにおるベニヤミンの人々ひとびと平和へいわげた。

    14 ベニヤミンの人々ひとびとがそのときかえってきたので、かれらはヤベシ・ギレアデのおんなのうちからかしておいたおんなをこれにあたえたが、なおりなかった。

    15 こうしてたみは、しゅがイスラエルの部族ぶぞくのうちに欠陥けっかんをつくられたことのために、ベニヤミンをあわれんだ。

    16 会衆かいしゅう長老ちょうろうたちはった、「ベニヤミンのおんなえたので、かののこりのものどもにつまをめとらせるにはどうしたらよいでしょうか」。

    17 かれらはまたった、「イスラエルから一つの部族ぶぞくえうせないためにベニヤミンのうちののこりのものどもに、あとつぎがなければならない。

    18 しかし、われわれのむすめかれらのつまあたえることはできない。イスラエルの人々ひとびとが『ベニヤミンにつまあたえるものはのろわれる』とってちかったからである」。

    19 それでかれらはった、「年々ねんねんシロにしゅまつりがある」。シロはベテルのきたにあって、ベテルからシケムにのぼる大路おおじひがし、レバナのみなみにある。

    20 そしてかれらはベニヤミンの人々ひとびとめいじてった、「あなたがたはって、ぶどうはたけせして、

    21 うかがいなさい。もしシロのむすめたちがおどりをおどりにてきたならば、ぶどうはたけからて、シロのむすめたちのうちから、めいめい自分じぶんつまをとって、ベニヤミンのれてきなさい。

    22 もしそのちちあるいは兄弟きょうだいがきて、われわれにうったえるならば、われわれはかれらに、『われわれのためにかれらをゆるしてください。戦争せんそうのときにわれわれは、かれらおのおのにつまをとってやらなかったし、またあなたがたもかれらにあたえなかったからです。もしあたえたならば、あなたがたはつみおかしたことになるからでした』といましょう」。

    23 ベニヤミンの人々ひとびとはそのようにおこない、おどっているものどものうちから自分じぶんたちのかずにしたがってつまり、それをれて領地りょうちかえり、町々まちまちてなおして、そこにんだ。

    24 こうしてイスラエルの人々ひとびとは、そのときそこをって、おのおのその部族ぶぞくおよび氏族しぞくかえった。すなわちそこをって、おのおのそのぎょうかえった。

    25 そのころ、イスラエルにはおうがなかったので、おのおの自分じぶんただしいとるところをおこなった。