哀歌5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 しゅよ、われわれにのぞんだことおぼえてください。われわれのはずかしめをかえりみてください。

    2 われわれのぎょう他国たこくひとうつり、いえ異邦人いほうじんのものとなった。

    3 われわれはみなしごとなってちちはなく、はははやもめにひとしい。

    4 われわれはかねしてみずみ、あたいはらって、たきぎをなければならない。

    5 われわれはくびにくびきをかけられて使つかわれ、つかれてもやすむことができない。

    6 われわれはりるだけの食物しょくもつるために、エジプトおよびアッスリヤにをさしべた。

    7 われわれの先祖せんぞつみおかして、すでにになく、われわれはその不義ふぎめをっている。

    8 奴隷どれいであったものがわれわれをおさめるが、われわれをそのからすくものがない。

    9 われわれは荒野あらののつるぎのゆえに、おのがいのちをかけて食物しょくもつる。

    10 われわれの皮膚ひふ飢餓きがはげしいねつのために、のようにあつい。

    11 おんなたちはシオンでおかされ、おとめたちはユダの町々まちまちけがされた。

    12 きみたるものかれらのでつるされ、長老ちょうろうたちもたっとばれず、

    13 若者わかものたちは、ひきうすをになわせられ、わらべたちは、たきぎをって、よろめき、

    14 長老ちょうろうたちはもんあつまることをやめ、若者わかものたちはその音楽おんがくはいした。

    15 われわれのこころよろこびはやみ、おどりはかなしみにかわり、

    16 われわれのかんむりはこうべからちた。わざわいなるかな、われわれはつみおかしたからである。

    17 このために、われわれのこころおとろえ、これらのことのために、われわれのはくらくなった。

    18 シオンのやまれはて、山犬やまいぬがそのうえあるいているからである。

    19 しかししゅよ、あなたはとこしえにおさめられる。あなたの、みくらい世々よよえることがない。

    20 なぜ、あなたはわれわれをながくわすれ、われわれをひさしくておかれるのですか。

    21 しゅよ、あなたにかえらせてください、われわれはかえります。われわれのあらたにして、いにしえののようにしてください。

    22 あなたはまったくわれわれをてられたのですか、はなはだしくいかっていられるのですか。