哀歌1
    脚注
    Theme

    哀歌あいか

    第1章

    1 ああ、むかしは、たみちみちていたこのみやこ国々くにぐにたみのうちでおおいなるものであったこのまちいまさびしいさまでし、やもめのようになった。もろもろのまちのうちで女王じょおうであったものいま奴隷どれいとなった。

    2 これはもすがらいたくかなしみ、そのほおにはなみだながれている。そのすべてのあいするもののうちには、これをなぐさめるものはひとりもなく、そのすべてのともはこれにそむいて、そのてきとなった。

    3 ユダはなやみのゆえに、またはげしい苦役くえきのゆえに、のがれてって、もろもろの国民くにたみのうちにんでいるが、安息あんそくず、これをものがみないついてみると、なやみのうちにあった。

    4 シオンのみちまつりのぼってくるもののないためにかなしみ、そのもんはことごとくれ、その祭司さいしたちはなげき、そのおとめたちはかれてき、シオンはみずからいたくくるしむ。

    5 そのあだはかしらとなり、そのてきさかえている。そのとががおおいので、しゅがこれをなやまされたからである。そのおさたちはとらわれて、あだのまえった。

    6 シオンのむすめ栄華えいがはことごとく彼女かのじょはなり、そのきみたちは牧草ぼくそうない、しかのようになり、自分じぶんものまえちからなくった。

    7 エルサレムはそのなやみとくるしみのに、むかしからっていたもろもろのたからおもす。そのたみがあだのおちいり、だれもこれをたすけるもののないとき、あだはこれをて、そのほろびをあざわらった。

    8 エルサレムは、はなはだしくつみおかしたので、けがれたものとなった。これをたっとんだものみなそのはだかたので、これをいやしめる。これもまたみずからなげき、かおをそむける。

    9 そのけがれはそのころものすそにあり、これはそのおわりをおもわなかった。それゆえ、これはおどろくばかりにちぶれ、これをなぐさめるものはひとりもない。「しゅよ、わがなやみをかえりみてください、てきほこっていますから」。

    10 てきべて、その財宝ざいほうをことごとくうばった。あなたがさきに異邦人いほうじんらはあなたの公会こうかいに、はいってはならないとめいじられたのに、かれらがその聖所せいじょにはいるのをシオンはた。

    11 そのたみはみななげいて食物しょくもつもとめ、そのいのちをささえるために、財宝ざいほう食物しょくもつにかえた。「しゅよ、みそなわして、わたしのいやしめられるのをかえりみてください」。

    12 「すべて道行みちゆひとよ、あなたがたはなんともおもわないのか。しゅがそのはげしいいかりのにわたしをなやまして、わたしにくだされたくるしみのようなくるしみが、またにあるだろうか、たずねてよ。

    13 しゅうえからおくり、それをわがほねにくだし、あみってわがあしとらえ、わたしをかえさせ、ひねもすこころわびしく、かつおとろえさせられた。

    14 わたしのとがは、つかねられて、一つのくびきとせられ、しゅのみによりかためられて、わたしのくびにおかれ、わたしのちからおとろえさせられた。しゅはわたしを、ちむかいとくざるものわたされた。

    15 しゅはわたしのうちにあるすべての勇士ゆうし無視むしし、せいかい召集しょうしゅうして、わたしをめ、わがわか人々ひとびとほろぼされた。しゅさかぶねをむように、ユダのむすめなるおとめをみつけられた。

    16 このために、わたしはかなしみ、わたしのなみだであふれる。わたしをなぐさめるもの、わたしを勇気ゆうきづけるものがわたしからとおはなれたからである。わがらはてきったために、わびしいものとなった」。

    17 シオンはばしても、これをなぐさめるものはひとりもない。ヤコブについては、しゅめいじて、その周囲しゅういものを、これがあだとせられた。エルサレムはかれらのなかにあって、けがれたもののようになった。

    18 しゅただしい、わたしは、み言葉ことばにそむいた。すべてのたみよ、け、わがくるしみをかえりみよ。わがおとめらも、わが若人わこうどらもとらわれてった。

    19 わたしはわがあいするものんだが、かれらはわたしをあざむいた。わが祭司さいしおよび長老ちょうろうたちは、そのいのちをささえようと、食物しょくもつもとめているあいだに、まちのうちでいきえた。

    20 しゅよ、かえりみてください、わたしはなやみ、わがはらわたはわきかえり、わが心臓しんぞうはわたしのうち転倒てんとうしています。わたしは、はなはだしくそむいたからです。そとにはつるぎがあって、わがうばい、いえうちにはのようなものがある。

    21 わたしがどんなになげくかをいてください。わたしをなぐさめるものはひとりもなく、てきはみなわたしのなやみをいて、あなたがこれをなされたのをよろこんだ。あなたがさきにらせたそのをきたらせ、かれらをも、わたしのようにしてください。

    22 かれらのあくをことごとくあなたのまえにあらわし、さきにわがもろもろのとがのために、わたしにおこなわれたように、かれらにもおこなってください。わがなげきはおおく、わがこころよわりはてているからです」。