レビ記1
    脚注
    Theme

    レビ

    第1章

    1 しゅはモーセをび、会見かいけん幕屋まくやからこれにげてわれた、

    2 「イスラエルの人々ひとびといなさい、『あなたがたのうちだれでも家畜かちくそなものしゅにささげるときは、うしまたはひつじそなものとしてささげなければならない。

    3 もしそのそなものうし燔祭はんさいであるならば、雄牛おうしまったきものをささげなければならない。会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちで、しゅまえれられるように、これをささげなければならない。

    4 かれはその燔祭はんさいけものあたまかなければならない。そうすればれられて、かれのためにあがないとなるであろう。

    5 かれしゅまえでそのうしをほふり、アロンのなる祭司さいしたちは、そのたずさえてきて、会見かいけん幕屋まくや入口いりぐちにある祭壇さいだん周囲しゅういに、そのそそぎかけなければならない。

    6 かれはまたその燔祭はんさいけものかわをはぎ、節々ふしぶしかたなければならない。

    7 祭司さいしアロンのたちは祭壇さいだんうえき、そのうえにたきぎをならべ、

    8 アロンのなる祭司さいしたちはそのけたものを、あたまおよび脂肪しぼうともに、祭壇さいだんうえにあるうえのたきぎのうえならべなければならない。

    9 その内臓ないぞうあしとはみずあらわなければならない。こうして祭司さいしはそのすべてを祭壇さいだんうえいて燔祭はんさいとしなければならない。これは火祭かさいであって、しゅにささげるこうばしいかおりである。

    10 もしその燔祭はんさいそなものれのひつじまたは、やぎであるならば、おすまったきものをささげなければならない。

    11 かれ祭壇さいだん北側きたがわで、しゅまえにこれをほふり、アロンのなる祭司さいしたちは、その祭壇さいだん周囲しゅういそそぎかけなければならない。

    12 かれはまたこれを節々ふしぶしかち、祭司さいしはこれをあたまおよび脂肪しぼうともに、祭壇さいだんうえにあるうえのたきぎのうえならべなければならない。

    13 その内臓ないぞうあしとはみずあらわなければならない。こうして祭司さいしはそのすべてを祭壇さいだんうえいて燔祭はんさいとしなければならない。これは火祭かさいであって、しゅにささげるこうばしいかおりである。

    14 もししゅにささげるそなものが、とり燔祭はんさいであるならば、やまばと、またはいえばとのひなを、そのそなものとしてささげなければならない。

    15 祭司さいしはこれを祭壇さいだんたずさえてき、そのくびやぶり、祭壇さいだんうえかなければならない。そのしぼして祭壇さいだん側面そくめんらなければならない。

    16 またそのぶくろはねとものぞいて、祭壇さいだんひがしほうにあるはいすててなければならない。

    17 これは、そのつばさにぎってかなければならない。ただしはなしてはならない。祭司さいしはこれを祭壇さいだんうえで、うえのたきぎのうえ燔祭はんさいとしてかなければならない。これは火祭かさいであって、しゅにささげるこうばしいかおりである。