イザヤ
    脚注
    Theme

    イザヤ

    旧約​の​預言者。紀元前​740-701​年​に​かけて​預言​した。イザヤ​は​ヒゼキヤ​王​の​中心​的​な​相談​役​として,宗教​と​政治​の​両面​で​大きな​影響​力​を​持って​いた。

    イエス​は​他​の​どの​預言者​の​預言​より​も​イザヤ​の​預言​を​多く​引用​された。イザヤ​の​言葉​は,ペテロ,ヨハネ,パウロ​に​よって​も,『新約​聖書』に​よく​引用​されて​いる。『モルモン書』と『教義​と​聖約』は,他​の​どの​預言者​の​言葉​より​も​イザヤ​の​言葉​を​多く​含み,その​解釈​に​大きな​貢献​を​して​いる。ニーファイ​は​イザヤ​の​言葉​を​引いて​民​を​教えた(2ニフ 12-24章イザ​2-14章)。主​は​ニーファイ人​に「イザヤ​の​言葉​は​まこと​に​偉大」で​あり,イザヤ​の​預言​した​すべて​の​こと​は​成就​する​と​言われた(3ニフ 23:1-3)。

    イザヤ書

    『旧約​聖書』の​中​の​1​書。イザヤ​の​預言​の​多く​は​あがない主​の​来臨​に​ついて​述べた​もの​で​あり,主​の​地上​で​の​務め(イザ​9:6)と​末日​に​おける​偉大​な​王​として​の​来臨(イザ​63章)の​両面​を​含んで​いる。イザヤ​は​イスラエル​の​将来​に​ついて​も​多く​の​預言​を​残して​いる。

    第 1章​は,イザヤ書​全体​に​対する​序章​で​ある。イザヤ​7:14;​9:6-7;​11:1-5;​53:1-12;​61:1-3​は,救い主​の​使命​を​あらかじめ​示す​もの​で​ある。第 2;​11;​12;​35章​には,福音​が​回復​され,イスラエル​が​集められ,乾いた​地​が​ばら​の​よう​に​花​咲く,末日​の​数々​の​出来事​が​記されて​いる。第 29章​には,『モルモン書』の​出現​に​関する​預言​が​ある(2ニフ 27章)。第 40-46章​には,エホバ​が​異教徒​の​礼拝​する​偶像神​を​しのぐ​まこと​の​神​で​ある​こと​が​宣言​されて​いる。残る​第 47-66章​には,主​が​その​民​の​中​に​とどまられる​こと​と​ともに,イスラエル​の​最終​的​な​回復​と​シオン​の​設立​に​伴う​様々​な​出来事​が​描かれて​いる。