象徴
    脚注
    Theme

    象徴

    何か​を​用いて,他​の​事柄​を​想起,連想​させる​こと。聖典​の​中​で​は,福音​の​原則​や​教え​を​表現​する​ため​に,日常​よく​見受けられる​物​や​出来事,あるいは​状況​が​象徴​として​用いられる。例えば,『モルモン書』の​預言者​アルマ​は,神​の​言葉​を​表す​の​に​種​を​用いて​いる(アル 32章)。

    聖典​の​様々​な​箇所​で,預言者​たち​は​象徴​を​用い​ながら,イエス・キリスト​に​ついて​教えて​いる。その​例​として​は,典礼​や​儀式(モセ 6:63),犠牲(ヘブ​9:11-15モセ 5:7-8),聖餐せいさんルカ​22:13-20JS​マコ​14:20-24),バプテスマ(ロマ​6:1-6教義 128:12-13)など​が​ある。『聖書』に​出て​くる​名称​に​も​象徴的​な​もの​が​数​多く​ある。幕屋​で​行われた​典礼​や​モーセ​の​律法​は,永遠​の​真理​を​象徴​して​いる(ヘブ​8-10章モサ 13:29-32アル 25:15ヒラ 8:14-15)。他​の​例​として,マタイ​5:13-16;​ヨハネ​3:14-15;​ヤコブ​4:5;​アルマ​37:38-45​を​参照。