学習ヘルプ
パウロ
戻る 次へ

パウロ

『新約聖書』の中の人物。使徒。パウロのヘブライ語名は,サウロであった。彼は異邦人に伝道を始めるまで,このサウロという名で知られていた。彼はかつて教会を迫害していたが,イエス・キリストの示現を受けた後に改宗して,教会が説く真理に従った。パウロは長期にわたる伝道の旅を3度行い,聖徒たちにあてて多くの手紙を書いた。今日の『新約聖書』にはそのうちの14の手紙が載っている。最後に彼は囚人としてローマに連行され,紀元65年の春に殺されたと思われる。