パウロ
    脚注

    パウロ

    『新約​聖書』の​中​の​人物。使徒。パウロ​の​ヘブライ語​名​は,サウロ​で​あった。彼​は​異邦人​に​伝道​を​始める​まで,この​サウロ​と​いう​名​で​知られて​いた。彼​は​かつて​教会​を​迫害​して​いた​が,イエス・キリスト​の​示現​を​受けた​後​に​改宗​して,教会​が​説く​真理​に​従った。パウロ​は​長期​に​わたる​伝道​の​旅​を​3​度​行い,聖徒​たち​に​あてて​多く​の​手紙​を​書いた。今日​の『新約​聖書』には​その​うち​の​14​の​手紙​が​載って​いる。最後​に​彼​は​囚人​として​ローマ​に​連行​され,紀元​65​年​の​春​に​殺された​と​思われる。