学習ヘルプ
アブラハムの聖約(契約)
戻る 次へ

アブラハムの聖約(契約)

アブラハムは福音を受け入れ,大神権に聖任され(教義84:14アブ2:11),昇栄の聖約である日の栄えの結婚をした(教義131:1-4132:19,29)。アブラハムは,これらの聖約に伴うすべての祝福が地上の自分の子孫にも授けられるという約束を受けた(教義132:29-31アブ2:6-11)。これらの聖約と約束は,まとめてアブラハムの聖約(契約)と呼ばれる。この聖約の回復が,終わりの時における福音の回復であった。それは,地上のすべての国民がこの聖約を通して祝福を受けるためである(ガラ3:8-9,29教義110:12124:58アブ2:10-11)。