列王紀
    脚注
    Theme

    列王紀

    『旧約​聖書』の​中​の​2​書。列王紀​には,ダビデ​王​の​4​番​目​の​息子​アドニヤ​の​反乱(紀元前​1015​年​ごろ)から,ユダ​が​最終​的​に​捕囚​と​なる​まで(紀元前​586​年​ごろ)の​イスラエル​の​歴史​が​描かれて​いる。また,王国​の​分裂​から​アッシリア(アッスリヤ)に​よって​北​の​地​に​連れ去られて​捕囚​と​なる​まで​の​北​王国(イスラエル​の​十部族)の​全​歴史​が​含まれて​いる。

    列王紀上

    第 1章​には,ダビデ​の​晩年​が​描かれて​いる。第 2-11章​には,ソロモン​王​の​生涯​が​記録​されて​いる。第 12-16章​には,ソロモン​の​後​を​継いで​王​と​なった​レハベアム​と​ヤラベアム​の​こと​が​述べられて​いる。ヤラベアム​は​イスラエル王国​の​分裂​を​引き起こした。また,その他​の​王​たち​の​こと​も​記されて​いる。第 17-21章​には,イスラエル​の​王​アハブ​へ​の​勧告​など,エリヤ​の​働き​の​一部​が​書かれて​いる。第 22章​には,アハブ​と​ユダ​の​王​ヨシャパテ​が​同盟​して​行った​スリヤ​と​の​戦争​が​記録​されて​いる。預言者​ミカヤ​は​王​たち​に​下る​災い​を​預言​した。

    列王紀下

    第 1章​には,エリヤ​の​こと​が​引き続き​述べられて​いる。第 2-9章​には,信仰​と​偉大​な​力​に​よる​エリシャ​の​働き​が​記されて​いる。第 10章​には,エヒウ​王​に​ついて,また​彼​が​アハブ​の​家​と​バアル​の​祭司​たち​を​どの​よう​に​して​滅ぼした​か​が​述べられて​いる。第 11-13章​には,ヨアシ​の​義​に​かなった​治世​と,エリシャ​の​死​が​記録​されて​いる。第 14-17章​には,イスラエル​や​ユダ​を​治めた​王​たち​の​こと​が​述べられて​いる。彼ら​は​邪悪​な​統治​を​する​こと​が​多かった。第 15章​には,イスラエル​の​十部族​が​アッシリア(アッスリヤ)の​捕囚​と​なった​こと​が​記録​されて​いる。第 18-20章​には,ユダ​の​王​ヒゼキヤ​の​義​に​かなった​生き方​と,預言者​イザヤ​の​こと​が​記されて​いる。第 21-23章​には,マナセ​王​と​ヨシヤ​王​の​こと​が​述べられて​いる。言い伝え​に​よる​と,イザヤ​の​殉教​を​引き起こした​の​は​マナセ​で​ある。ヨシヤ​は​義​に​かなった​王​で,ユダヤ人​の​間​に​律法​を​再び​確立​した。第 24-25章​には,バビロニア​捕囚​の​こと​が​記されて​いる。