学習ヘルプ
長子,初子
戻る 次へ

長子,うい

古代の族長の時代においては,長男が長子の特権を受け(創世43:33),父親の死とともに家族を統率する任務を引き継いだ。長子はこの責任を引き受けるにふさわしくなければならず(歴上5:1-2),不義な行いをすれば長子の特権を失うこともあった。

モーセの律法の下では,長男は神に属する者と見なされた。長子は,父親の財産から他の者の2倍を受け継いだ(申命21:17)。父親の死後,長子は母親と姉妹の世話をする責任があった。

動物の初子も神に属するものとされていた。清い動物は犠牲としてささげられたが,清くない動物はあがなうか,売るか,または殺さなければならなかった(出エ13:2,11-1334:19-20レビ27:11-13,26-27)。

ういはイエス・キリストと地上における主の務めを象徴し,偉大なメシヤの来臨を人々に思い起こさせた(モセ5:4-86:63)。

イエスは天の御父の霊の子供の長子であり,また御父の肉における独り子であり,復活によって死者の中からよみがえられた最初の御方である(コロ1:13-18)。忠実な聖徒は永遠に長子の教会の会員となる(教義93:21-22)。