学習ヘルプ
モーサヤ(ベニヤミンの息子)
戻る 次へ


モーサヤ(ベニヤミンの息子)

『モルモン書』の中の人物。義人。ニーファイ人の王,預言者。父の義にかなった模範に従った(モサ6:4-7)。ヤレド人の記録を含む24枚の金版を翻訳した(モサ28:17)。

モーサヤ書

『モルモン書』の中の1書。第1-6章には,民に向けて語ったベニヤミン王の力強い説教が記録されている。主のたまに感動した民は,心を改め,悪を行おうとする思いを二度と抱かなかった。第7-8章には,レーマン人の地で暮らすようになったニーファイ人の一団のことが書かれている。彼らを捜し出すために捜索隊が派遣された。捜索隊の指導者アンモンは彼らを見つけ,彼らがレーマン人の圧制によって苦しみを受けてきたことを聞いた。第9-24章には,その圧制の様子,またゼニフ,ノア,リムハイという彼らの指導者がレーマン人の下でどのような生き方をしたかが記されている。アビナダイという預言者の殉教についても記録されている。アルマはアビナダイの裁判を機に改心した。第25-28章には,アルマの息子とモーサヤ王の4人の息子が改心するに至った話が書かれている。第29章には,モーサヤ王が王制に代えてさばきつかさの制度を設けるように勧めたことが書かれている。アルマの息子アルマが最初の大さばきつかさに選ばれた。