学習ヘルプ
民数記
戻る 次へ


民数記

『旧約聖書』の4番目の書。この書はモーセによって書かれた。民数記は,シナイ山からカナンの国境にあるモアブの平地に至るまでのイスラエル人の旅の物語を描いている。民数記の重要な教訓の一つは,神の民が成功の道を歩み続けるには,神の約束を信頼し,信仰によって歩まなければならないということである。民数記には,イスラエル人の不従順に対して下された神の罰と,イスラエルの律法に関する事柄が記録されている。民数記という書名は,氏族の数の調査に由来する(民数1-226章)。

第1-10章には,イスラエル人のシナイを出発する準備の様子が記録されている。第11-14章には,旅そのもの,またカナンの地へのせっこうの派遣,イスラエル人が約束の地に入るのを拒まれたことが記録されている。第15-19章には,様々な律法と歴史上の出来事が記されている。第20-36章には,荒れ野で過ごした最後の年の出来事が述べられている。