学習ヘルプ
エホバ
戻る 次へ

エホバ

イスラエルの神の契約名または固有名。「わたしは有る」の意(出エ3:14ヨハ8:58)。エホバは肉体を受けられる前のイエス・キリストであり,マリヤの子として地上に来られた(モサ3:815:13ニフ15:1-5)。『旧約聖書』に出てくる「主」という言葉は,通常,エホバを指している。

エホバはキリストである

古代の預言者たちはエホバを知っていた(KJ出エ6:3アブ1:16)。使徒パウロは,キリストは旧約のエホバであると教えている(出エ17:61コリ10:1-4)。『モルモン書』のヤレドの兄弟は,肉体を受けられる前のキリストにまみえ,礼拝した(エテ3:13-15)。モロナイもキリストをエホバと呼んでいる(モロ10:34)。カートランド神殿において,ジョセフ・スミスとオリバー・カウドリは復活されたエホバにまみえた(教義110:3-4)。