学習ヘルプ
ヘロデ家
戻る 次へ


ヘロデ家

イエス・キリストの時代の前後にユダヤを統治した家系。『新約聖書』に記された多くの出来事に深くかかわっている。この家系の最初の統治者はヘロデ大王であり,彼は救い主の誕生を恐れ(マタ2:3),ベツレヘム地方に住む幼子を虐殺する命令を出した。彼の息子として,アリストプロスやヘロデ・ピリポ(マタ14:3マコ6:17),領主ヘロデ・アンティパス(マタ14:1ルカ9:7。ヘロデ王としても知られる〔マコ6:14〕),アケラオ(マタ2:22),イツリヤの領主ピリポ(ルカ3:1)がいる。ヘロデ・アグリッパ1世(使徒12:1-23)とその姉妹ヘロデヤ(マタ14:3マコ6:17)は,アリストプロスの子供である。ヘロデ・アグリッパ1世には数人の子供がおり,ヘロデ・アグリッパ2世(使徒25:13)やベルニケ(使徒25:13),ペルクスの妻ドルシラ(使徒24:24)は,『新約聖書』に名前が登場するヘロデ・アグリッパ1世の子供である。