学習ヘルプ
聖餐
戻る 次へ

せいさん

末日聖徒にとって聖餐とは,キリストのあがないの犠牲を記念するパンと水にあずかる儀式を指す。裂かれたパンは主の引き裂かれた肉を象徴し,水は人の罪を贖うために流された主の血を象徴している(1コリ11:23-25教義27:2)。ふさわしい教会員はこの聖餐にあずかるときに,キリストの名を受け,いつもキリストを覚え,その戒めを守ることを約束する。教会員はこの儀式を通して,バプテスマの聖約を新たにするのである。

イエスは最後の晩餐のときに,十二使徒と食事を共にして,聖餐の儀式について説明された(マタ26:17-28ルカ22:1-20)。