学習ヘルプ
マナ
戻る 次へ


マナ

みつを入れた菓子(出エ16:14-31)あるいは油菓子(民数11:7-8)のような味がする,小さな丸い食物。主は荒れ野での40年間,イスラエルの民を養うためにこのマナを与えられた(出エ16:4-5,14-30,35ヨシ5:121ニフ17:28)。

イスラエルの子らはこれを,「これはなんであろう」という意味のマナ(あるいはヘブライ語で「マンフー」)と呼んだ。彼らは,それが何か知らなかったからである(出エ16:15)。マナは「天使のパン」また「天よりのパン」とも呼ばれた(詩篇78:24-25ヨハ6:31)。マナは命のパンとなるキリストの象徴であった(ヨハ6:31-35)。