胸当て
    脚注
    Theme

    胸当て

    聖典​には​2​種類​の​胸当て​が​出て​くる。(1)兵士​の​防御​用​の​衣服​や​よろい​の​前​の​部分。象徴的​な​意味​で,聖徒​は​悪​に​対して​自ら​を​守る​ため​に​胸当て​を​身​に​着け​なければ​ならない(イザ​59:17;​エペ​6:14)。(2)モーセ​の​律法​に​おいて​大祭司​が​着用​した​衣装​の​一つ(出エ​28:13-30;​39:8-21)。亜麻布​で​できて​おり,12​個​の​宝石​が​取り付けて​あった。時として,ウリム​と​トンミム​と​関連​して​述べられる​こと​が​ある(教義 17:1ジ-歴史​1:35,42,52)。