マルコ
    脚注
    Theme

    マルコ

    『新約​聖書』の​中​の​人物。ヨハネ・マルコ​は​マリヤ​の​息子​で,エルサレム​に​住んで​いた(使徒​12:12)。彼​は​バルナバ​の​いとこ(または,おい)で​あった​と​考えられて​いる(コロ​4:10)。マルコ​は​パウロ​と​バルナバ​の​最初​の​伝道​旅行​に​同行​して​エルサレム​を​たち,ペルガ​で​彼ら​と​別れた(使徒​12:25;​13:5,13)。後​に​マルコ​は​バルナバ​に​同行​して​クプロ​へ​行った(使徒​15:37-39)。彼​は​パウロ​と​ともに​ローマ​に​おり(コロ​4:10;​ピレ​1:24),ペテロ​と​ともに​バビロン(恐らく​ローマ​を​指す)に​いた(1ペテ​5:13)。最後​に,彼​は​エペソ​で​テモテ​と​ともに​いた(2テモ​4:11)。

    マルコによる福音書

    『新約​聖書』の​2番​目​の​書。マルコ​の​この​福音書​は,ペテロ​の​指示​の​下​に​書かれた​と​思われる。マルコ​の​ねらい​は,人々​の​中​で​生活​し​行動​した​神​の​御子​として​の​主​を​描く​こと​で​あった。マルコ​は​精力的​かつ​謙虚​な​態度​で,人々​が​イエス​から​受けた​印象​を​書いて​いる。言い伝え​に​よる​と,マルコ​は​ペテロ​の​死後,エジプト​に​行って​アレクサンドリア(アレキサンデリヤ)で​教会​を​組織​し,殉教​した​と​の​こと​で​ある。

    各章​の​概要​に​ついて​は,「福音書」の​項​を​参照。

    True