祈り
    脚注

    祈り

    神​に​感謝​し,祝福​を​願い​求める,厳粛​な​神​と​の​交わり。祈り​は​イエス・キリスト​の​名​に​よって​天​の​御父​に​ささげる。祈り​は​声​に​出す​こと​も​できる​し,心​の​中​で​唱える​こと​も​できる。神​に​向けられた​もの​で​あれ​ば,人​が​心​に​思う​こと​も​祈り​と​いえる。義人​の​歌​も​また​神​へ​の​祈り​と​なる(教義 25:12)。

    祈り​の​目的​は,神​の​御​心​を​変える​こと​で​は​なく,神​が​わたしたち​に​与えよう​と​すでに​備えて​おられる​祝福​を,自分​の​ため,また​人々​の​ため​に​得る​こと​で​ある。しかし,それ​を​得る​には​求め​なければ​ならない。

    わたしたち​は​キリスト​の​名​に​よって​御父​に​祈る(ヨハ​14:13-14;​16:23-24)。自分​の​望み​と​キリスト​が​望んで​おられる​こと​が​一致​する​とき​に,わたしたち​は​真​の​意味​で​キリスト​の​名​に​より​祈る​こと​が​できる(ヨハ​15:7教義 46:30)。そう​する​とき​に,わたしたち​は,正当​で​あって​神​が​与える​の​を​よし​と​される​こと​を​願い​求める​の​で​ある(3ニフ 18:20)。祈り​に​よって​は,キリスト​が​望んで​おられる​こと​で​は​なく,人間​の​利己心​から​出た​もの​で​ある​ため​に,聞き届けられない​もの​も​ある(新ヤコ 4:3教義 46:9)。確か​に,不当​な​こと​を​神​に​求める​なら,それ​は​罪​の​宣告​と​なる​の​で​ある(教義 88:65)。