学習ヘルプ
バアル
脚注

Hide Footnotes

テーマ

バアル

おもに​フェニキア​で​礼拝​された​男性格​の​太陽​神(列上​16:31)。フェニキア​以外​の​地​で​も,モアブ人​の​バアル・ペオル(民数​25:1-3),シケム​の​バアル・ベリテ(士師​8:33;​9:4),エクロン​の​バアル・ゼブブ(列下​1:2)など​様々​な​形​で​礼拝​された。バアル​は,バビロン​の​ベル​や​ギリシャ​の​ゼウス​と​同じ​と​も​考えられる。バアル​と​いう​言葉​は​主人​と​奴隷​の​関係​を​示して​いる。バアル​は​通常,雄牛​を​その​象徴​と​した。一般​に,バアル​と​とも​に,アシタロテ​と​いう​女神​が​礼拝​された。

バアル​は​時として,ほか​の​名前​や​言葉​と​結合​し,バアル​礼拝​が​行われた​場所​や​バアル​の​よう​な​属性​を​備えた​人​など,バアル​と​の​関連​性​を​示す​場合​に​も​用いられた。後​に​バアル​と​いう​言葉​が​非常に​邪悪​な​意味合い​を​帯びて​きた​ため,これら​の​結合​語​の​名称​で​は,バアル​が​ボセテ​と​いう​言葉​に​置き​換えられた。ボセテ​と​は「恥」の​意味​で​ある。