学習ヘルプ
ヨナ
脚注

Hide Footnotes

テーマ

ヨナ

旧約​の​預言者。ニネベ​の​町​に​対して​悔い改め​を​説く​よう,主​に​召された(ヨナ​1:1-2)。

ヨナ書

ヨナ​の​生涯​の​出来事​を​記した『旧約​聖書』の​中​の​1​書。この​書​は​ヨナ​自身​が​記した​もの​で​は​ない​と​思われる。ヨナ書​の​主題​は,エホバ​は​全​地​を​治める​御方​で​あり,一つ​の​国​または​民​だけ​を​偏愛​する​御方​で​は​ない​と​いう​こと​で​ある。

第 1章​には,主​が​ニネベ​に​教え​を​べる​召し​を​ヨナ​に​与えられた​こと​が​書かれて​いる。ヨナ​は​主​から​命じられた​こと​に​従わず,船​で​逃げた​が,大きな​魚​に​のみ​込まれた。第 2章​には,ヨナ​が​主​に​祈り,魚​が​ヨナ​を​陸​に​吐き出した​こと​が​書かれて​いる。第 3章​には,ヨナ​が​ニネベ​に​行き,滅亡​を​預言​した​こと​が​書かれて​いる。この​結果,人々​は​悔い改めた。そして​第 4章​には,ニネベ​の​民​が​救われた​こと​で​怒って​いる​ヨナ​に​対する​主​の​叱責しっせき​の​言葉​が​記されて​いる。

イエス​は,ヨナ​が​魚​に​のみ​込まれた​こと​は​御​自身​の​死​と​復活​の​しるし​で​ある​と​教えられた(マタ​12:39-40;​16:4;​ルカ​11:29-30)。