山上​の​垂訓
    脚注
    Theme

    山上​の​垂訓

    主​イエス・キリスト​が,これから​召し​を​受けて​人々​の​間​に​遣わされる​こと​に​なって​いた​弟子​たち​に​向けて​語られた​説教(マタ​5-7章ルカ​6:20-49)。主​が​この​教え​を​説かれた​の​は,十二使徒​を​召された​直後​で​ある。

    この​説教​の​内容​は,『聖書』の​ジョセフ・スミス​訳​と​3ニーファイ​12-14章​に​記録​されて​いる​同様​の​説教​に​よって​意味​が​明確​に​なって​いる。また,これら​二つ​の​記録​に​より,マタイ​の​記録​から​説教​の​重要​な​部分​が​失われて​いる​こと​が​分かる。

    True