学習ヘルプ
過越
戻る 次へ

すぎこし

すぎこしの祭は,滅ぼす天使が自分たちの家を過ぎ越して,エジプト人から救われたときのことをイスラエルの子らが覚えていられるようにするために定められたものである(出エ12:21-2813:14-15)。古代においては,傷のない子羊の血がイスラエルを救うためのしるしとして用いられたが,この傷のない子羊は,全人類をあがなうために犠牲となられた神の小羊イエス・キリストの象徴である。