学習ヘルプ
犠牲
脚注

Hide Footnotes

テーマ

犠牲

古代​に​おいて,犠牲​は​何か​の​物​あるいは​人​を​聖なる​もの​と​する​手段​で​あった。今​は,主​と​主​の​王国​の​ため​に,この世​的​な​もの​を​捨てたり,甘んじて​それら​を​失う​まま​に​したり​する​こと​を​いう​よう​に​なった。主​の​教会​の​会員​は,主​の​ため​に​すべて​の​もの​を​進んで​犠牲​に​しなければ​ならない。ジョセフ・スミス​は​次​の​よう​に​教えて​いる。「すべて​の​もの​を​犠牲​に​する​こと​を​求めない​宗教​は,命​と​救い​に​至る​に​必要​な​信仰​を​生み出す​ほど​の,十分​な​力​を​決して​持つ​こと​は​ない。」永遠​と​いう​観点​に​立て​ば,犠牲​に​よって​得られる​祝福​は,その​ため​に​ささげた​どの​よう​な​もの​より​も​偉大​で​ある。

アダム​と​エバ​が​エデン​の​園​を​追われた​後,主​は​二人​に​犠牲​の​律法​を​授けられた。この​律法​には,群れ​の​初子ういご​を​ささげる​こと​が​含まれて​いた。この​犠牲​は​神​の​独り子​に​よって​ささげられる​犠牲​を​象徴​して​いた(モセ 5:4-8)。この​犠牲​は​イエス・キリスト​が​亡くなる​まで​続き,その​死​に​よって​福音​の​儀式​として​動物​を​犠牲​に​する​こと​は​終わり​を​告げた(アル 34:13-14)。今日​の​教会​で​は,教会員​は,イエス・キリスト​の​犠牲​を​記念​して​パン​と​水​の​聖餐せいさん​を​受ける。また​今日​の​キリスト​の​教会​の​会員​は,打ち砕かれた​心​と​悔いる​霊​を​ささげる​よう​に​求められて​いる(3ニフ 9:19-22)。つまり,へりくだって,悔い改め,進んで​神​の​戒め​に​従う​よう​に​求められて​いる​の​で​ある。