序文
    脚注

    序文

    『聖句ガイド』は,『聖書』や『モルモン書』,『教義と聖約』,『高価な真珠』にある教義や原則,人物,地名の中から主要なものを選んで,その意味を解説したものである。また,各項目について学習ができるように,聖句のおもな参照箇所も付記した。この『聖句ガイド』は,個人や家族による聖典の学習に役立てることができる。また,福音に関する疑問の答えを見つけたり,テーマ別に聖典を研究したり,話やレッスンの準備をしたり,福音についての知識やあかしを深めたりする際にも活用できるであろう。

    『聖句ガイド』は次の3つの部分に分かれている。(1)項目リスト,(2)聖書のジョセフ・スミス訳(抜粋),(3)教会歴史の年表,地図,写真と聖書の地図,写真。

    1. 項目リスト このリストでは,それぞれの項目について,まず短い解説があり,次いで最も重要と思われる参照聖句の箇所が挙げてある。そしてそれぞれの聖句には,その聖句の直接の引用または内容を短くまとめたものが付いている。参照聖句の掲載順は,(1)『旧約聖書』,(2)『新約聖書』,(3)『モルモン書』,(4)『教義と聖約』,(5)『高価な真珠』である。

    2. 聖書のジョセフ・スミス訳(抜粋) 1830年,主は預言者ジョセフ・スミスに,『欽定訳聖書』の改訂すなわち翻訳の作業を開始するように指示をお与えになった。預言者の目的は,『聖書』の原典から失われた分かりやすくて貴い部分を回復することであった。そして,1833年7月までにほとんどの作業を終えた。しかし預言者は,1844年に死去するまで,原稿の印刷の準備をしながら引き続き修正を加えていた。この改訂は,聖句の意味について様々な洞察を与えてくれるものであり,『聖書』を理解するうえで貴重な資料となっている。『聖句ガイド』には,その改訂の中から重要なものを抜粋として載せた。(詳細については『聖句ガイド』項目リストの「ジョセフ・スミス訳(JS)」を参照)

      末日聖徒イエス・キリスト教会では,英文公認『聖書』として『欽定訳聖書』を用いている。福音の回復において重要な役割を果たした『欽定訳聖書』は,今も引き続き多くの国で大きな影響力を持っている。

    3. 教会歴史の年表,地図,写真聖書の地図,写真 聖典の中の出来事は,そこに出てくる地名の地理的な位置関係を知ることによってさらによく理解することができる。『聖句ガイド』には,教会歴史上重要な地域を示した地図が6枚,聖書関係の地図が14枚,それに世界の地図が1枚収められている。それぞれの地名を地図で探すには,索引を使うとよい。索引には,どの地図のどの部分を見ればよいかが示されている。教会史跡の写真18枚と聖書に関連した写真32枚にも,聖典の中の様々な出来事をさらによく理解するのに助けとなる説明が付いている。

      教会歴史の年表には,末日聖徒イエス・キリスト教会の回復と発展にとって重要な出来事のあった日付が掲載されている。

    『聖句ガイド』の項目リストは,聖典の学習に役立つ特色を幾つか備えている。例えば,「イエス・キリスト」という項目を見ると,そこには項目リストの中にある,救い主とその務めに関するすべての項目が列挙してある。項目リストの中でそのように多くの関連項目を列挙したものは「イエス・キリスト」だけであるが,それはとりもなおさず,全人類にとってキリストがいかに大切な存在であられるかを物語るものである。さらに,「年表」の項では,『聖書』や『モルモン書』の時代の重要な出来事が,おおよその年代とともに列挙してある。また「福音書」の項目には「福音書対観表」がある。これは,マタイ,マルコ,ルカ,ヨハネによる福音書ならびに末日の啓示の中の救い主の教えを比較したものである。