パリサイ人
    脚注
    Theme

    パリサイ人

    『新約​聖書』の​中​の​ユダヤ教​の​一​党派。パリサイ​と​いう​名​には「分離​された​者」の​意味​が​ある。パリサイ人​は,モーセ​の​律法​に​厳格​に​従って​いる​こと​と,異邦人​と​かかわり​の​ある​こと​を​すべて​避けて​いる​こと​を​誇り​と​して​いた。彼ら​は​死後​の​生活​や​復活,天使​と​霊​の​存在​を​信じて​いた。また,口伝​律法​と​伝承​も,成文​化​された​律法​と​同等​の​重要​性​を​持つ​と​信じて​いた。彼ら​の​教え​は​宗教​を​規則​の​遵守​と​いう​枠​に​押し込め,霊的​慢心​を​助長​した。そして​パリサイ人​に​よって,多く​の​ユダヤ人​が​キリスト​と​福音​に​対して​疑い​を​抱く​よう​に​なった。マタイ​23章マルコ​7:1-23;​ルカ​11:37-44​に​記されて​いる​よう​に,主​は​パリサイ人​と​その​行い​と​を​非難​された。