学習ヘルプ
ニーファイ(ニーファイの息子,ヒラマンの孫)
戻る 次へ

ニーファイ(ニーファイの息子,ヒラマンの孫)

『モルモン書』の中の人物。復活されたイエス・キリストによって選ばれた12人のニーファイ人の弟子の一人(3ニフ1:2-319:4)。この預言者は民のために熱烈に主に祈り,主の声を聞いた(3ニフ1:11-14)。またニーファイは天使の訪れを受け,悪霊を追い出し,自分の兄弟をよみがえらせ,打ち消すことのできないあかしを述べた(3ニフ7:15-1919:4)。ニーファイは聖文が記された記録を保管した(3ニフ1:2-3)。

第三ニーファイ

『モルモン書』の中の1書。ニーファイの息子ニーファイによって書かれたもの。第1-10章には,主の来臨についての預言が成就したことが示されている。キリストの降誕のしるしが与えられると民は悔い改めたが,後に民はまた悪事を行うようになった。最後にキリストの死のしるしとして,嵐や地震,大暴風,ひどい滅亡が起こった。第11-28章には,アメリカ大陸へのキリストの訪れが記録されている。これが第三ニーファイの中心である。ここで語られているキリストの言葉の多くは,『聖書』に記されているものとよく似ている(例えば,マタ5-7章3ニフ12-14章)。第29-30章には,末日の人々に向けられたモルモンの言葉が記されている。

第四ニーファイ

この書には全部で49節から成る一つの章しかないが,約300年にわたるニーファイ人の歴史が網羅されている(紀元34-321年)。この書は,数世代にわたりニーファイを含む幾人かによって記録された。第1-19節には,復活されたキリストの訪問の後,ニーファイ人とレーマン人がすべて心を改めて福音に従ったことが述べられている。平和と愛と一致が人々の間に広がった。再臨の時まで地上にとどまることをキリストから許された3人のニーファイ人の弟子(3ニフ28:4-9)が民に仕えた。ニーファイは息子のアモスに記録を託した。第19-47節には,アモスの働き(84年間)とその息子アモスの働き(112年間)が記されている。紀元201年に,高慢が原因となって民の間に様々な問題が起こり始め,民は階級に分かれ,偽りの教会が利益を得るようになった(4ニフ1:24-34)。

第四ニーファイの終わりの方には,民が再び悪事を犯すようになったことが記されている(4ニフ1:35-49)。紀元305年,アモスの息子アモスが亡くなり,その兄弟アマロンが神聖な記録をすべて安全に守るために隠した。アマロンは後にそれらの記録をモルモンに託した。そしてモルモンは自分の生涯にあった数多くの出来事を記録し,後にそれらの記録を要約した(モル1:2-4)。