学習ヘルプ
ニーファイ(ニーファイ​の​息子,ヒラマン​の​孫)
脚注

Hide Footnotes

テーマ

ニーファイ(ニーファイ​の​息子,ヒラマン​の​孫)

『モルモン書』の​中​の​人物。復活​された​イエス・キリスト​に​よって​選ばれた​12​人​の​ニーファイ人​の​弟子​の​一人(3ニフ 1:2-319:4)。この​預言者​は​民​の​ため​に​熱烈​に​主​に​祈り,主​の​声​を​聞いた(3ニフ 1:11-14)。また​ニーファイ​は​天使​の​訪れ​を​受け,悪霊​を​追い出し,自分​の​兄弟​を​よみがえらせ,打ち消す​こと​の​できないあかしを​述べた(3ニフ 7:15-1919:4)。ニーファイ​は​聖文​が​記された​記録​を​保管​した(3ニフ 1:2-3)。

第三ニーファイ

『モルモン書』の​中​の​1​書。ニーファイ​の​息子​ニーファイ​に​よって​書かれた​もの。第 1-10章​には,主​の​来臨​に​ついて​の​預言​が​成就​した​こと​が​示されて​いる。キリスト​の​降誕​の​しるし​が​与えられる​と​民​は​悔い改めた​が,後​に​民​は​また​悪事​を​行う​よう​に​なった。最後​に​キリスト​の​死​の​しるし​として,あらし​や​地震,大​暴風,ひどい​滅亡​が​起こった。第 11-28章​には,アメリカ​大陸​へ​の​キリスト​の​訪れ​が​記録​されて​いる。これ​が​第三ニーファイ​の​中心​で​ある。ここ​で​語られて​いる​キリスト​の​言葉​の​多く​は,『聖書』に​記されて​いる​もの​と​よく​似て​いる(例えば,マタ​5-7章​と​3ニフ 12-14章)。第 29-30章​には,末日​の​人々​に​向けられた​モルモン​の​言葉​が​記されて​いる。

第四ニーファイ

この​書​には​全部​で​49​節​から​成る​一つ​の章​しか​ない​が,約​300​年​に​わたる​ニーファイ人​の​歴史​が​網羅​されて​いる(紀元​34-321​年)。この​書​は,数​世代​に​わたり​ニーファイ​を​含む​幾人​か​に​よって​記録​された。第 1-19​節​には,復活​された​キリスト​の​訪問​の​後,ニーファイ人​と​レーマン人​が​すべて​心​を​改めて​福音​に​従った​こと​が​述べられて​いる。平和​と​愛​と​一致​が​人々​の​間​に​広がった。再臨​の​時​まで​地上​に​とどまる​こと​を​キリスト​から​許された​3人​の​ニーファイ人​の​弟子(3ニフ 28:4-9)が​民​に​仕えた。ニーファイ​は​息子​の​アモス​に​記録​を​託した。第 19-47​節​には,アモス​の​働き(84​年間)と​その​息子​アモス​の​働き(112​年間)が​記されて​いる。紀元​201​年​に,高慢​が​原因​と​なって​民​の​間​に​様々​な​問題​が​起こり​始め,民​は​階級​に​分かれ,偽り​の​教会​が​利益​を​得る​よう​に​なった(4ニフ 1:24-34)。

第四ニーファイ​の​終わり​の​方​には,民​が​再び​悪事​を​犯す​よう​に​なった​こと​が​記されて​いる(4ニフ 1:35-49)。紀元​305​年,アモス​の​息子​アモス​が​亡くなり,その​兄弟​アマロン​が​神聖​な​記録​を​すべて​安全​に​守る​ため​に​隠した。アマロン​は​後​に​それら​の​記録​を​モルモン​に​託した。そして​モルモン​は​自分​の​生涯​に​あった​数​多く​の​出来事​を​記録​し,後​に​それら​の​記録​を​要約​した(モル 1:2-4)。