第三ニーファイ 29
    脚注
    Theme

    第​29​章

    モルモンしょ』​が​る​こと​は、しゅ​が​イスラエル​を​あつめ、ぶん​の​せいやく​を​たし​はじめられた​こと​の​しるし​で​ある。まつじつ​の​しゅ​の​けい​と​賜物たまもの​を​こばむ​もの​は​のろわれる。げんやく​三十四​ねん​から​三十五​ねん​に​いたる。

    1 ​さて​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。しゅ​が​ぶん​の​​で、これら​の​こと​を​ぶん​の​こと​の​とおり​に​ほうじん​に​あきらか​に​する​の​が​ふさわしい​と​なされる​とき​に、あなたがた​は、御父おんちち​が​イスラエル​の​ら​と​わされた​せいやく、すなわち​かれら​が​ぶん​たち​の​ぎ​の​​へ​回復かいふく​される​こと​に​ついて​の​せいやく​が、すでに​たされ​はじめて​いる​こと​を​る​で​あろう。

    2 ​また、せい​なる​げんしゃ​たち​に​よって​べられた​しゅ​の​こと​が​すべて​じょうじゅ​する​と​いう​こと​も、あなたがた​は​る​で​あろう。あなたがた​は、しゅ​が​イスラエル​の​ら​の​もと​に​る​の​を​おくらせて​おられる​と​って​は​ならない。

    3 ​また​あなたがた​は、べられて​きた​こと​が​むなしい​と、こころ​の​なか​で​おもって​は​ならない。よ、しゅ​は、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​ぶん​の​たみ​に​てられた​ぶん​の​せいやく​を​おもこされる​から​で​ある。

    4 ​あなたがた​は、これら​の​こと​が​あなたがた​の​なか​で​じつ​と​なる​の​を​る​とき​に、しゅ​の​おこなわれる​こと​を、もはや​はねつけて​は​ならない。しゅ​の​ばつ​の​つるぎ​は​しゅ​の​みぎ​に​あり、よ、その​、あなたがた​が​しゅ​の​おこなわれる​こと​を​はねつける​なら​ば、しゅ​は​その​つるぎ​を​すぐに​あなたがた​に​くだされる​で​あろう。

    5 しゅ​の​おこなわれる​こと​を​​はねつける​もの​は、わざわい​で​ある。まことに、キリスト​と​キリスト​の​わざ​を​てい​する​もの​は、わざわい​で​ある。

    6 ​まことに、しゅ​の​けい​を​てい​し、しゅ​は​もはや​けい​や​げん賜物たまものげんいやし、聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​わざ​を​おこなわれる​こと​は​ない​と​う​もの​は、わざわい​で​ある。

    7 ​また​その​えき​を​る​ため​に、イエス・​キリスト​に​よって​おこなわれる​せき​など​ない​と​う​もの​は、わざわい​で​ある。この​よう​に​う​もの​は、キリスト​の​こと​の​とおり​に、まったく​あわれみ​を​けなかった​ほろび​の​​の​よう​に​なる​から​で​ある。

    8 ​そして、あなたがた​は、もはや​​ユダヤじん​に​ついて​も、イスラエル​の​いえ​の​どの​のこり​の​もの​に​ついて​も、​あざけったり、​はねつけたり、嘲笑ちょうしょう​したり​して​は​ならない。よ、しゅ​は​かれら​に​たいする​せいやく​を​おもこし、ちかわれた​こと​を​その​とおり​に​かれら​に​おこなわれる。

    9 ​それ​で​ある​から、あなたがた​は、しゅ​が​イスラエル​の​いえ​に​てられた​せいやく​を​たす​ため​の​さばき​を​おこなえない​よう​に、あなたがた​の​​で​しゅ​の​みぎ​を​ひだり​に​える​こと​が​できる​と​おもって​は​ならない。

    True