第三ニーファイ15
戻る 次へ


第15章

イエス,モーセのりっぽうぶんによってじょうじゅしたことをげられる。イエスがエルサレムでわれたひつじとは,ニーファイじんのことである。エルサレムにいるしゅたみは,ざいあくのために,イスラエルのらされたひつじのことをらない。げんやく三十四ねん

1 さて,イエスはこれらのことかたえると,ぐんしゅうまわして,「よ,あなたがたは,わたしがちちのみもとにのぼってまえおしえたことをいた。だから,わたしのこれらのことおぼえていておこなものを,わたしはわりのよみがえらせよう」とわれた。

2 そしてイエスは,これらのことべると,かれらのなかに,イエスはモーセのりっぽうをどうするおつもりかとおどろあやしんでいるひとびとがいるのにづかれた。これらのひとびとは,ふるいものはって,すべてのものがあたらしくなったということを,かいしていなかったからである。

3 そこでイエスは,かれらにわれた。「わたしが,ふるいものはって,すべてのものがあたらしくなったとあなたがたにったことを,おもってはならない。

4 よ,あなたがたにう。モーセにあたえられたりっぽうはもうじょうじゅしている。

5 よ,そのりっぽうあたえたのはこのわたしであり,わたしのたみイスラエルとせいやくしたものはわたしである。りっぽうはわたしによってじょうじゅしている。わたしはりっぽうじょうじゅするためにたからである。したがって,りっぽうわった。

6 よ,わたしは,げんしゃはいすることはしない。まことに,わたしはあなたがたにう。まだわたしによってじょうじゅしていないことはすべて,これからじょうじゅするであろう。

7 わたしは,ふるいものはったとあなたがたにった。ということは,しょうらいのものについてげられてきたことを,はいしていないということである。

8 よ,わたしがたみわしたせいやくは,まだすべてはじょうじゅしていないからである。しかし,モーセにあたえられたりっぽうは,わたしによってじょうじゅしている。

9 よ,わたしはりっぽうであり,ひかりである。わたしにたより,さいまでしのびなさい。そうすれば,あなたがたはきるであろう。さいまでしのものに,わたしはえいえんいのちあたえるからである。

10 よ,わたしはあなたがたにいましあたえたので,わたしのいましめをまもりなさい。これはりっぽうであり,げんしゃである。りっぽうげんしゃは,じっさいにわたしについてあかししたからである。」

11 さて,イエスはこれらのことかたえると,ぶんえらんだあの十二にんかってわれた。

12 「あなたがたはわたしのである。またあなたがたは,ヨセフいえのこりのものであるこのたみにとってひかりである。

13 よ,このはあなたがたのぎのである。ちちはこれをあなたがたにあたえてくださった。

14 このことを,エルサレムにいるあなたがたの同胞はらからげるように,ちちいちもわたしにめいじられなかった。

15 またちちが,そのからみちびされたイスラエルのいえほかのぞくについて,かれらにげるようにわたしにめいじられたことも,これまでにいちもない。

16 かれらにげるようにと,ちちがわたしにめいじられたことはただ,

17 『わたしにはまた,このかこいにいないひつじがある。わたしはかれらをもみちびかねばならない。かれらもわたしのこえしたがうであろう。そして,ついに一つのれ,一人ひとりひつじとなるであろう』ということだけである。

18 ところが,かれらはごうじょうであり,しんこうであったので,わたしのことかいしなかった。そこで,このことについてそれじょうかれらにわないように,わたしはちちからめいじられた。

19 しかしまことに,わたしはあなたがたにう。ちちからめいじられたので,わたしはあなたがたにげる。かれらがざいあくおかしたために,あなたがたはかれらからけられた。だから,かれらがあなたがたのことをらないのは,かれらのざいあくのためである。

20 まことに,もういちあなたがたにう。ちちはほかにもかれらからいくつかのぞくけられた。かれらがそれらのぞくのことをらないのは,かれらのざいあくのためである。

21 まことに,あなたがたにう。『わたしには,このかこいにいないひつじがある。わたしはかれらをもみちびかねばならない。かれらもわたしのこえしたがうであろう。そして,ついに一つのれ,一人ひとりひつじいとなるであろう』とわたしがったそのひつじとは,あなたがたのことである。

22 しかし,かれらはわたしのったことをかいしなかった。それはほうじんのことであると,かれらはおもった。ほうじんかれらのせんきょうによってかいしゅうするということを,かれらはかいしていなかったからである。

23 また,『かれらもわたしのこえしたがうであろう』とわたしがったを,かれらはかいしなかった。ほうじんけっしてわたしのこえかないということ,すなわち,せいれいによるがいにわたしはほうじんぶんしんあらわさないということを,かれらはかいしなかった。

24 しかしよ,あなたがたはわたしのこえき,わたしをた。あなたがたはわたしのひつじである。そしてあなたがたは,ちちがわたしにあたえてくださったものなかかぞえられている。」