第三ニーファイ 23
    脚注
    Theme

    第​23​章

    イエス、イザヤ​の​こと​を​にん​される。イエス、げんしゃ​の​しょ​を​調しらべる​よう​に​たみ​に​めいじられる。ふっかつ​に​ついて​の​レーマンじん​サムエル​の​こと​が​ろく​に​くわえられる。げんやく​三十四​ねん

    1 「さて​よ、わたし​は​あなたがた​に​う。あなたがた​は​これら​の​こと​を​調しらべ​なさい。まことに​わたし​は、これら​の​こと​を​熱心ねっしん​に​調しらべる​よう​に​と​いう​いましめ​を、あなたがた​に​あたえる。​イザヤ​の​こと​は​まことに​だい​だから​で​ある。

    2 たしか​に​イザヤ​は、イスラエル​の​いえ​に​ぞく​する​わたし​の​たみ​に​ついて、すべて​の​こと​を​べた。そこで、どうしても​かれ​は​ほうじん​に​も​かたる​ひつよう​が​あった。

    3 かれ​の​かたった​こと​は​すべて、かれ​の​かたった​こと​の​とおり​に​これまで​こって​おり、また​​これから​も​こる​で​あろう。

    4 ​したがって、わたし​の​こと​を​こころ​に​め、わたし​が​あなたがた​に​げた​こと​を​しるし​なさい。これら​の​こと​は、ちち​の​さだめられた​とき​に、ちち​の​こころ​の​まま​に​ほうじん​に​つたわる​で​あろう。

    5 ​わたし​の​こと​に​き​したがい、あらためて​バプテスマ​を​ける​もの​は、だれ​で​あろう​と​すくわれる。げんしゃ​の​しょ​を​調しらべ​なさい。これら​の​こと​に​ついて、あかし​して​いる​げんしゃ​が​おおい​から​で​ある。」

    6 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、ふたたび​かれら​に​かたり、かれら​に​あたえられて​いる​聖文せいぶん​を​すべて​かした​のち、「よ、あなたがた​が​いて​いない​べつ​の​聖文せいぶん​を​しるす​こと​を、あなたがた​に​のぞむ」と、かれら​に​われた。

    7 ​そして、イエス​は​ニーファイ​に、「あなたがた​が​き​いで​きた​ろく​を​って​なさい」と​われた。

    8 ​そこで​ニーファイ​が​ろく​を​ってて​イエス​の​まえ​に​く​と、イエス​は​それら​の​ろく​に​​を​やって​われた。

    9 「まことに、あなたがた​に​う。わたし​は​レーマンじん​で​ある​わたし​の​しもべ​サムエル​に、この​たみ​に​あかし​する​よう​に​と​めいじた。その​あかし​と​は、ちち​が​わたし​に​よって​​に​えいこう​を​けられる​​に、おおく​の​せい​が​しゃ​の​なか​から​​よみがえって、おおく​の​もの​に​あらわれ、かれら​を​おしえ​みちびく​で​あろう​と​いう​こと​で​ある。」そして、イエス​は​かれら​に、「その​とおり​で​は​なかった​か」と​われた。

    10 ​そこで​イエス​の​​たち​は、イエス​に​こたえ、「はい、しゅ​よ、サムエル​は​あなた​の​こと​の​とおり​に​げん​し、それ​は​すべて​じょうじゅ​しました」と​った。

    11 ​すると​イエス​は​かれら​に、「おおく​の​せい​が​よみがえって​おおく​の​もの​に​あらわれ、かれら​を​おしえ​みちびいた​こと​を​しるして​いない​の​は​どうして​か」と​われた。

    12 ​そこで​ニーファイ​は、この​こと​が​まだ​しるされて​いない​の​を​おもした。

    13 ​そして、イエス​が​それ​を​しるす​よう​に​めいじられた​ので、イエス​が​めいじられた​とおり​に​その​こと​が​しるされた。

    14 ​さて、​たち​が​しるして​きた​すべて​の​聖文せいぶん​を​まとめて​かした​のち、イエス​は、ぶん​が​かした​ことがら​を​おしえる​よう​に、かれら​に​めいじられた。