第三ニーファイ 4
    脚注
    Theme

    第​4​章

    ニーファイじん​の​ぐんたい、ガデアントン​の​ごうとう​を​ち​かす。ギデアンハイ​は​ころされ、かれ​の​こうけいしゃ​ゼムナライハ​は​​に​つるされる。ニーファイじんしょう​を​た​こと​で​しゅ​を​ほめ​たたえる。げんやく​十九​ねん​から​二十二​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、だい十八​ねん​の​すえ​に、ごうとう​たち​の​軍勢ぐんぜい​は​たたかい​の​じゅん​を​し、ほうぼう​の​おか​や​やま、とりで、かくれ​​から​くだって​しゅつげき​して​た。そして​かれら​は、みなみ​の​​と​きた​の​​の​両方りょうほう​で​ほうぼう​の​​を​占領せんりょう​し​はじめ、ニーファイじん​が​てた​​と、てる​に​まかせた​まち​を​すべて​占領せんりょう​し​はじめた。

    2 ​しかし​よ、ニーファイじん​が​てた​​に​は、まったく​せい​の​けもの​が​おらず、もの​と​なる​動物どうぶつ​も​いなかった。​の​なか​で​なければ​ごうとう​たち​の​食糧しょくりょう​に​なる​鳥獣ちょうじゅう​は​いなかった。

    3 ​そして​ごうとう​たち​は、食糧しょくりょう​が​ない​ため​に、​で​なければ​らせなかった。それ​は、ニーファイじん​が​​を​てる​に​まかせて、ぶん​たち​の​大小だいしょう​の​ちく​の​れ​と​すべて​の​もの​を​あつめ、一団いちだん​と​なって​いた​から​で​ある。

    4 ​その​ため​ごうとう​たち​に​は、ニーファイじん​に​かって​こうぜん​と​め​のぼる​ほか​に​略奪りゃくだつ​して​もの​を​る​かい​は​なかった。いっぽう、ニーファイじん​は​一団いちだん​と​なって​いて、その​かず​は​じょう​に​おおく、食糧しょくりょう​や​うま​や​ちく​や​あらゆる​ちく​の​れ​を​たくわえ​として​って​おり、七​年間ねんかんらす​こと​が​できた​ので、かれら​は​その​あいだ​に​​の​おもて​から​ごうとう​たち​を​ほろぼして​しまいたい​と​おもって​いた。この​よう​に​して、だい十八​ねん​が​った。

    5 ​そして​だい十九​ねん​に、ギデアンハイ​は​ニーファイじん​に​かって​め​のぼる​こと​が​ひつよう​で​ある​こと​を​った。かれら​は​略奪りゃくだつ​し、強奪ごうだつ​し、人殺ひとごろし​を​する​がい​に​きて​いく​ほうほう​が​なかった​から​で​ある。

    6 ​また​かれら​は、ニーファイじん​に​おそわれて​ころされる​の​で​は​ない​か​と​おそれ、おもって​​の​おもて​に​ひろがって​こくもつ​を​つくる​こと​も​できなかった。そこで​ギデアンハイ​は​この​とし​に、ニーファイじん​に​かって​め​のぼる​命令めいれい​を​ぶん​の​ぐんたい​に​くだした。

    7 ​そして、かれら​は​め​のぼった。それ​は​六がつ​の​こと​で​あり、かれら​が​め​のぼった​​は、よ、大変たいへん​な​おそろしい​​で​あった。かれら​は​ごうとうふう​の​よそおい​を​して​おり、こし​に​ひつじ​の​かわ​を​き、からだ​を​​で​め、頭髪とうはつ​を​み、かぶと​を​かぶって​いた。ギデアンハイ​の​ぐんたい​は​よろい​を​まとい、からだ​を​​で​めて​いた​ので、ひどい、おそろしい​姿すがた​で​あった。

    8 ​さて、ニーファイじん​の​ぐんたい​は​ギデアンハイ​の​ぐんたい​の​姿すがた​を​る​と、ぜんいん​に​して、しゅ​なる​かみ​に、いのち​を​たすけて​てき​の​​から​すくって​くださる​よう​に​さけんだ。

    9 ​そこで、ギデアンハイ​の​ぐんたい​は​これ​を​て、ニーファイじん​が​ぶん​たち​の​おそろしい​姿すがた​に​おそれ​を​なして​たおれた​の​だ​と​おもい、よろこんで、大声おおごえ​を​げて​さけび​はじめた。

    10 ​しかし、かれら​の​この​たい​は​はずれた。ニーファイじん​は​かれら​を​おそれた​の​で​は​なかった​から​で​ある。ニーファイじん​は​かみ​を​おそれ、しゅ​を​さけび​もとめた​の​で​ある。そこで、ギデアンハイ​の​ぐんたい​が​突撃とつげき​して​た​とき​に​は、ニーファイじん​は​かれら​と​たたかい​を​まじえる​よう​が​できて​おり、しゅ​の​ちから​を​もって​かれら​を​むかえた。

    11 たたかい​は​この​六がつ​に​はじまり、その​たたかい​は​大変たいへん​な​おそろしい​もの​で​あった。まことに、その​たたかい​で​の​さつりく​は​大変たいへん​な​おそろしい​もの​で​あって、リーハイ​が​エルサレム​を​って​らい、これほど​ひどい​さつりく​は​リーハイ​の​たみ​の​なか​に​まったく​られて​いない。

    12 ​そして、ギデアンハイ​の​きょうはく​や​ちかい​に​も​かかわらず、よ、ニーファイじん​が​かれら​を​ち​かした​ため、かれら​は​ニーファイじん​の​まえ​から​退しりぞいた。

    13 ​さて、​ギドギドーナイ​は​ぶん​の​ぐんたい​に、​の​さかい​まで​かれら​を​追撃ついげき​する​よう​に、そして​ちゅう​で​ニーファイじん​の​​に​ちる​もの​は​だれ​も​ようしゃ​しない​よう​に​と​めいじた。そこで​かれ​の​ぐんたい​は、​の​さかい​まで​かれら​を​追撃ついげき​して​ころし、ギドギドーナイ​の​命令めいれい​を​たした。

    14 ​そして、かって​いさましく​たたかって​いた​ギデアンハイ​も、ついに​して​追撃ついげき​された。そして、はげしく​たたかって​つかれて​いた​ので、いつかれて​ころされて​しまった。ごうとう​ギデアンハイ​の​さい​は​この​よう​で​あった。

    15 ​さて、ニーファイじん​の​ぐんたい​は​ぶん​たち​の​ぼうぎょ​の​​へ​かえした。そして、この​だい十九​ねん​が​り、ごうとう​たち​は​もう​めて​なかった。また、だい二十​ねん​に​も​かれら​は​やって​なかった。

    16 だい​二十一​ねん​に、かれら​は​める​こと​は​なかった​もの​の、ニーファイ​の​たみ​を​ほう​する​ため​に​あらゆる​方面ほうめん​から​のぼって​た。かれら​は、もし​ニーファイ​の​たみ​を​かれら​の​​から​遮断しゃだん​して、あらゆる​方面ほうめん​で​かれら​を​めれば、また、そと​で​活動かつどう​する​とっけん​を​すべて​めれば、ぶん​たち​の​のぞみ​どおり​に​かれら​を​こうふく​させる​こと​が​できる​と​おもった​から​で​ある。

    17 ​ところで​かれら​は、ゼムナライハ​と​いう​​の​べつ​の​しゅりょう​を​えらんで​いた。したがって、この​ほう​を​おこなわせた​の​は​ゼムナライハ​で​あった。

    18 ​しかし​よ、これ​は​ニーファイじん​に​とって​ゆう​で​あった。ごうとう​たち​が​ニーファイじん​に​なんら​か​の​影響えいきょう​を​およぼす​ほど、十分じゅうぶん​に​ながく​ほう​を​つづける​こと​は​のう​で​あった​から​で​ある。と​いう​の​は、ニーファイじん​は​おおく​の​食糧しょくりょう​を​たくわえて​おり、

    19 ごうとう​たち​の​食糧しょくりょう​は​とぼしかった​から​で​ある。よ、かれら​に​は​いのち​を​つなぐ​ため​の​にく、すなわち​​で​​に​れた​にく​の​ほか​に​は​なにも​なかった。

    20 ​そして、せい​の​鳥獣ちょうじゅう​は​​に​すくなく​なった​ので、ごうとう​たち​は​まさに​えて​にそう​に​なった。

    21 ​しかも、ニーファイじん​は​ひる​も​よる​も​えず​しゅつげき​して​てき​を​め、なんぜんにん​も、なんまんにん​も​ころした。

    22 ​それで、ゼムナライハ​の​たみ​は​ひる​も​よる​も​おおぜい​の​ひと​が​ころされた​ため、ぶん​たち​の​くわだて​を​りやめたい​と​おもう​よう​に​なった。

    23 ​そして、ゼムナライハ​は​ぶん​の​たみ​に、ほう​を​いて、北方ほっぽう​の​​の​もっとも​とおい​ほう​へ​く​よう​に​命令めいれい​を​くだした。

    24 ​ところが​ギドギドーナイ​は、かれら​の​くわだて​を​り、また​食糧しょくりょう​の​そく​と​それ​まで​に​けた​おおきな​さつりく​の​ため​に​かれら​が​よわって​いる​の​を​って​いた​ので、よる​の​あいだ​に​ぐんたい​を​おくって​かれら​の​退たい​を​ち、また​かれら​の​退たい​に​ぐんたい​を​はい​した。

    25 かれ​の​ぐんたい​は​よる​の​あいだ​に​これ​を​おこない、ごうとう​たち​を​して​しんぐん​した。そして​よくじつごうとう​たち​が​こうぐん​を​はじめる​と、ニーファイじん​の​ぐんたい​は​ぜんぽう​と​こうほう​の​両面りょうめん​から​かれら​を​こうげき​した。

    26 ​また、南方なんぽう​に​いた​ごうとう​たち​も​かれら​の​たいじょ​で​たれた。これら​の​こと​は​すべて、ギドギドーナイ​の​命令めいれい​に​よって​おこなわれた​こと​で​ある。

    27 ​そして、ニーファイじん​に​こうふく​して​りょ​に​なった​もの​は​なんぜんにん​に​も​のぼり、ほか​の​もの​たち​は​ころされた。

    28 ​また、かれら​の​しゅりょう​で​あった​ゼムナライハ​は​らえられ、​に、すなわち​​の​いただき​に​つるされて​んだ。ニーファイじん​は​かれ​を​つるし、かれ​が​んで​しまう​と、その​​を​​に​たおして​大声おおごえ​で​さけんで​った。

    29 「どうか​しゅ​よ、​に​かなった、こころ​の​きよい​たみ​を​お​まもり​くださり、この​おとこ​が​​に​たおされた​よう​に、けんりょく​と​みつけっしゃ​の​ため​に​しゅ​の​たみ​を​ころそう​と​する​すべて​の​もの​を​​に​たおれ​させて​ください​ます​よう​に。」

    30 ​また、かれら​は​よろこび、ふたたび​こえ​を​わせて、「どうか​​アブラハム​の​かみ、イサク​の​かみ、ヤコブ​の​かみ​よ、​に​かなった​この​たみ​を、この​たみ​が​しゅ​を​もとめて​かみ​の​​を​ぶ​かぎり​お​まもり​ください​ます​よう​に」と​さけんだ。

    31 ​そして​かれら​は、かみ​が​おおいなる​こと​を​ぶん​たち​の​ため​に​おこない、てき​の​​に​ちない​よう​に​まもって​くださった​ので、みな一斉いっせい​に​こえ​を​はなって​うたい、かみ​を​​ほめ​たたえた。

    32 ​まことに​かれら​は、「いと​たかき​かみ​に、​ホサナ」と​さけび、また、「いと​たかき​かみぜんのう​の​しゅ​なる​かみ​の​​は​ほむ​べき​かな」と​さけんだ。

    33 ​そして、てき​の​​から​すくって​くださった​かみ​の​ふかい​いつくしみ​の​ため​に、かれら​の​こころ​は​よろこび​に​あふれ、おおく​の​なみだ​を​ながした。また​かれら​は、ぶん​たち​が​永遠えいえん​の​めつぼう​から​すくわれた​の​は、あらためて​謙遜けんそん​で​あった​ため​で​ある​こと​を​った​の​で​ある。