聖典
モルモンの言葉 1
脚注
テーマ

モルモンのこと

第1章

モルモン、ニーファイ​の​大版たいはん​を​みじかく​まとめ、しょうはん​を​ほか​の​はん​と​いっしょ​に​する。ベニヤミン​おうこくない​に​へい​を​かくりつ​する。げんやく​三百八十五​ねん

1 ​ところで、わたし​​モルモン​は、これまで​ぶん​が​つくって​きた​ろく​を​むす​モロナイ​の​​に​わたそう​と​して​いる。わたし​は​すでに​わたし​の​たみ​で​ある​ニーファイじん​が​ほとんど​すべて​ほろびて​しまう​の​を​た。

2 ​キリスト​の​らいりんすうひゃくねん​たった​いま、わたし​は​これら​の​ろく​を​むす​の​​に​わたす。むす​は、わたし​の​たみ​の​完全かんぜん​な​めつぼう​を​もくげき​する​で​あろう。しかし、むす​が​かれら​より​も​ながく​きて、かれら​に​ついて​しょう​の​こと​を、また​キリスト​に​ついて​も​しょう​の​こと​を​しるして、それ​が​いつ​の​​か​かれら​を​えきする​もの​と​なる​よう​に​かみ​に​いのる。

3 ​ところで、わたし​は​これまで​しるして​きた​こと​に​ついて​すこし​べよう。わたし​は​​ニーファイ​の​はん​から​みじかく​まとめた​もの​を、アマレカイ​の​べた​この​ベニヤミン​おう​の​せい​に​いたる​まで​つくり​えた​のちぜん​に​わたし​の​​に​わたされた​いろいろ​な​ろく​を​調しらべて​みた​ところ、ヤコブ​から​この​​ベニヤミン​おう​の​せい​に​いたる​まで​の​げんしゃ​たち​の​みじかい​はなし​と、ニーファイ​の​たくさん​の​こと​が​って​いる​この​はん​が​つかった。

4 ​この​はん​に​しるされて​いる​こと​の​なか​に、キリスト​の​らいりん​の​げん​が​ある​ので、わたし​は​よろこんで​いる。わたし​の​せん​は、げん​の​おおく​が​じょうじゅ​した​の​を​って​いた。そして、わたし​も​また​今日き ょ う​まで、わたしたち​に​ついて​げん​されて​きた​こと​が​すべて​じょうじゅ​した​こと、また​将来しょうらい​に​ついて​の​げん​も​すべて​かならず​じょうじゅ​する​こと​を​って​いる。

5 ​それゆえ、わたし​は​​これら​の​ことがら​を​えらんで、それら​に​関連かんれん​させて​わたし​の​ろく​を​えよう。わたし​の​ろく​の​のこり​の​ぶん​は、​ニーファイ​の​はん​から​いて​こう。わたし​は、ぶん​の​たみ​の​こと​を​​百​ぶん​の​一​も​しるす​こと​が​できない。

6 ​しかし​よ、わたし​は​これら​の​げん​と​けい​の​って​いる​この​はん​を​って、わたし​の​ろく​の​のこり​の​ぶん​と​いっしょ​に​しよう。これら​の​げん​と​けい​は​わたし​に​とって​とうとい​もの​で​あり、また​わたし​の​同胞はらから​に​も​とうとい​もの​に​なる​こと​を​って​いる​から​で​ある。

7 ​わたし​は、ある​賢明けんめい​な​もくてき​の​ため​に​この​よう​に​する。わたし​の​うち​に​ある​しゅ​の​たま​の​はたらき​に​よって、わたし​に​その​よう​な​ささやき​が​ある​から​で​ある。わたし​は​すべて​の​こと​を​って​いる​わけ​で​は​ない​が、しゅ​は​将来しょうらいこる​こと​を​すべて​ぞんじ​で​ある。したがって​しゅ​は、ぶん​の​こころ​どおり​に​おこなう​よう​に、わたし​に​はたらきかけられる​の​で​ある。

8 ​わたし​が​かみ​に​ささげる​いのり​は、わたし​の​同胞はらから​の​こと​で​あって、かれら​が​ふたたび​かみ​に​ついて、まことに​キリスト​の​あがない​に​ついて​る​よう​に​なり、また​ふたたび​よろこばしい​たみ​と​なれる​よう​に​と​いう​こと​で​ある。

9 ​さて、わたし​モルモン​は、ニーファイ​の​はん​から​き​して​つくる​わたし​の​ろく​を​げる​ごと​を​つづけよう。わたし​は​この​ろく​を、かみ​が​さずけて​くださった​しき​と​かい​に​おうじて​つくる。

10 ​そこで、アマレカイ​が​この​はん​を​ベニヤミン​おう​の​​に​わたした​ところ、ベニヤミン​おう​は​これ​を​って、かれ​の​だい​まで​歴代れきだい​の​おう​が​ゆずり​つたえて​きた​ろく​を​ふくむ​​ほか​の​はん​と​いっしょ​に​した。

11 ​そして​これら​は、ベニヤミン​おう​から​ゆずり​つたえられて、​わたし​の​​に​はいった​の​で​ある。わたし​モルモン​は、これら​が​これから​さき​も​のこされる​よう​に​かみ​に​いのって​いる。また​これら​が​のこされる​こと​を​わたし​は​って​いる。これら​の​はん​に​は​じゅうよう​な​ことがら​が​しるされて​おり、わたし​の​たみ​と​その​同胞はらから​は、しるされて​いる​かみ​の​こと​の​とおり​に、おおいなる​わり​の​​に​その​こと​に​よって​さばき​を​ける​から​で​ある。

12 ​ところで、この​ベニヤミン​おう​の​こと​で​ある​が、かれ​の​だい​に​たみ​の​なか​に​しょう​の​あらそい​が​あった。

13 ​そして、レーマンじん​の​ぐんたい​が​​ニーファイ​の​​から​くだって​て、ベニヤミン​おう​の​たみ​を​めた。しかし​よ、ベニヤミン​おう​は​ぐんたい​を​召集しょうしゅう​して​かれら​に​かった。かれ​は​​ラバン​の​つるぎ​を​ち、ぶんしん​の​うで​の​ちから​を​るって​たたかった。

14 ​そして、ベニヤミン​おう​の​ぐんたい​は​しゅ​の​ちから​を​いただいて​てき​と​たたかい、ついに​レーマンじん​を​なんぜんにん​も​ころした。かれら​は​レーマンじん​と​たたかって、ぶん​たち​の​ぎ​の​​の​全域ぜんいき​から​レーマンじん​を​はらった​の​で​ある。

15 ​また、にせ​キリスト​が​あらわれた​が、かれら​は​くち​を​ざされ、ざい​に​おうじて​ばっせられた。

16 ​そして、たみ​の​なか​に​にせげんしゃ​や​にせせっきょうしゃにせきょう​も​あらわれた​が、かれら​も​みな、それぞれ​の​ざい​に​おうじて​ばっせられた。また、おおく​の​あらそい​が​こり、おおく​の​もの​が​はん​して​レーマンじん​の​もと​へ​って​った​が、そののちよ、ベニヤミン​おう​は、たみ​の​なか​に​いる​せい​なる​げんしゃ​たち​の​たすけ​を​た。

17 よ、ベニヤミン​おう​は​せい​なる​ひと​で​あり、​を​もって​ぶん​の​たみ​を​おさめた。また、こくない​に​は​せい​なる​ひと​が​おおぜい​おり、かれら​は​ちから​と​権能けんのう​を​もって​かみ​の​こと​を​かたった。しかも、たみ​が​ごうじょう​で​あった​ため​に、かれら​は​じょう​に​きびしい​こと​を​もちいた。

18 ​こう​して、ベニヤミン​おう​は​これら​の​人々ひとびと​の​たすけ​を​て、ぶん​の​体力たいりょく​の​かぎり​を​くし、のうりょく​の​かぎり​を​くして​はたらく​こと​に​よって、げんしゃ​たち​の​たすけ​を​け​ながら、こくない​に​もう​いちへい​を​かくりつ​した​の​で​あった。