ジェロム書1
戻る 次へ

ジェロムしょ

第1章

ニーファイじんはモーセのりっぽうまもり,キリストのらいりんのぞみ,そのさかえる。ニーファイじんしんみちにとどめるために,おおくのげんしゃはたらく。げんぜんやく三百九十九ねんから三百六十一ねんいたる。

1 さてよ,わたしジェロムは,わたしたちのけいぐようにというちちエノスのめいれいしたがって,すこしのことしるす。

2 このはんちいさく,またこれらのことがらは,わたしたちの同胞はらからであるレーマンじんえきあたえるというをもってしるされているので,わたしもすこしるひつようがある。しかし,わたしのげんしたことや,わたしがけたけいについてはしるさない。わたしのせんたちがしるしてきたことじょうに,わたしにしるせることがなにかあるであろうか。かれらはすくいのけいかくあきらかにしていないであろうか。あきらかにしているとわたしはあなたがたにう。わたしにはそれでじゅうぶんである。

3 よ,このたみなかおこなひつようのあることはじつにたくさんある。それは,かれらがこころをかたくなにし,みみかたむけようとせず,おもいをくらまし,ごうじょうになっているからである。にもかかわらず,かみかれらにじょうふかあわれみをしめし,これまでのところ,かれらをおもてからいっそうしてはおられない。

4 また,たみみなごうじょうなわけではなく,わたしたちのなかにはけいおおけているものおおぜいいる。そして,ごうじょうにならずにしんこういだいているものみな,そのしんこうおうじてひとらにものごとあきらかにされるせいなるたままじわりっている。

5 さてよ,すでに二百ねんり,ニーファイのたみはこのつよくなった。かれらはモーセのりっぽうまも,またあんそくにちしゅのためにせいなるとしてまもった。かれらはまた,けいことくちにせず,しんせいけがさなかった。そして,くにほうりつじょうきびしかった。

6 かれらはおもてひろらされた。また,レーマンじんどうようであった。しかし,ニーファイじんぞくするものよりも,レーマンじんほうがはるかにおびただしいかずで,かれらはさつじんこのみ,けものをよくんでいた。

7 そしてかれらは,たびたびわたしたちニーファイじんめかかってた。しかし,わたしたちのおうどうしゃは,しゅしんじるしんこうあつひとびとであり,またたみしゅみちおしえていたので,わたしたちはレーマンじんかい,かれらをわたしたちのからいっそうした。そしてわたしたちは,ぶんたちのまちや,そのほかのあらゆるぎのしょぼうかためるごとりかかった。

8 わたしたちはじょうえて,おもてひろがり,きんぎんちょうしなじなごとつくりのもっこうひんたてものかい,それにてつどうしんちゅうはがねなどをゆたかにつようになった。そして,たがやすためにあらゆるどうつくり,またせんそう,まことに,するどいやじりのづつやりつくり,さらにせんそうのためにすべてのじゅんととのえた。

9 わたしたちがこのようにしてレーマンじんたたかじゅんととのえていたので,かれらはわたしたちにたいしてさかえることはなかった。そして,しゅがわたしたちのせんわれた,「あなたがたはわたしのめいれいまもるかぎりさかえる」というしゅことじっしょうされたのである。

10 そしてしゅげんしゃたちは,もしたみいましめをまもらず,そむくようになるならば,かれらはおもてからほろぼしられるというかみことしたがって,ニーファイのたみつよけいこくことはっした。

11 そして,げんしゃさいきょうたちはねっしんはたらき,たみにもねっしんであるよう,あくまでもかんようこころすすめた。またモーセのりっぽうとそれがあたえられたもくてきかれらにおしえ,さらにメシヤをのぞ,あたかもメシヤがすでにておられるかのように,しょうらいられるメシヤをしんじるようたみすすめた。かれらはこのようにしてたみおしえた。

12 そして,そうすることによって,かれらはたみおもてほろぼされるのをふせいだ。かれらがことたみこころげきえずたみあらためをうながしたからである。

13 そして,二百三十八ねんり,そのあいだおおくのさいげつせんそうあらそいとありさまれた。

14 わたしジェロムは,はんちいさいのでこれじょうしるさない。しかしよ,わたしの同胞はらからよ,ニーファイのほかのはんるがよい。よ,わたしたちのせんそうろくは,おうたちのしるしたとおりに,またはかれらがしるさせたとおりに,そのはんきざまれているからである。

15 わたしはせんたちのめいれいどおりにこのはんがれるように,むすオムナイのにこのはんわたす。