冒瀆ぼうとく,汚す​罪
    脚注
    Theme

    冒瀆ぼうとく,汚す​罪

    神​や​神聖​な​物事​に​対して​不敬​な​言葉​を​口​に​する​こと。

    イエス​は​冒瀆ぼうとく​の​言葉​を​口​に​した​と​ユダヤ人​から​非難​された​こと​が​何度​か​ある。その​理由​と​された​の​は,罪​を​ゆるす​権利​が​ある​と​主張​した​こと(マタ​9:2-3;​ルカ​5:20-21),また​自ら​を​神​の​子​と​呼んだ​こと(ヨハ​10:22-36;​19:7),自分​が​力​ある​者​の​右​に​座し,天​の​雲​に​乗って​来る​の​を​ユダヤ人​たち​が​見る​で​あろう​と​述べた​こと​など​で​ある(マタ​26:64-65)。もし​イエス​が​それら​の​言葉​どおり​の​御方​で​なかったら,ユダヤ人​たち​の​批判​は​当たって​いた​と​言える。サンヒドリン(ユダヤ​の​議会)で​の​裁判​に​おいて​偽証​に​より​イエス​に​課せられた​罪状(マタ​26:59-61)は,神殿​を​汚した​と​いう​もの​で​あった。聖霊​に​対する​冒瀆ぼうとく​と​は,キリスト​に​ついて​完全​な​知識​を​受け​ながら,自ら​の​意志​で​キリスト​を​否定​する​こと​で​あり,それ​は​ゆるされる​こと​の​ない​罪​で​ある(マタ​12:31-32;​マコ​3:28-29教義 132:27)。

    True