聖典
マルコによる福音書3

第3章

1 イエスがまた会堂かいどうにはいられると、そこに片手かたてのなえたひとがいた。

2 人々ひとびとはイエスをうったえようとおもって、安息日あんそくにちにそのひとをいやされるかどうかをうかがっていた。

3 すると、イエスは片手かたてのなえたそのひとに、「って、なかてきなさい」とい、

4 人々ひとびとにむかって、「安息日あんそくにちぜんおこなうのとあくおこなうのと、いのちすくうのところすのと、どちらがよいか」とわれた。かれらはだまっていた。

5 イエスはいかりをふくんでかれらをまわし、そのこころのかたくななのをなげいて、そのひとに「ばしなさい」とわれた。そこでばすと、そのもとどおりになった。

6 パリサイびとたちはって、すぐにヘロデとうものたちと、なんとかしてイエスをころそうと相談そうだんしはじめた。

7 それから、イエスは弟子でしたちとともうみべに退しりぞかれたが、ガリラヤからきたおびただしい群衆ぐんしゅうがついてった。またユダヤから、

8 エルサレムから、イドマヤから、さらにヨルダンのこうから、ツロ、シドンのあたりからも、おびただしい群衆ぐんしゅうが、そのなさっていることをいて、みもとにきた。

9 イエスは群衆ぐんしゅう自分じぶんせまるのをけるために、小舟こぶね用意よういしておけと、弟子でしたちにめいじられた。

10 それは、おおくのひとをいやされたので、病苦びょうくなやものみなイエスにさわろうとして、せてきたからである。

11 また、けがれたれいどもはイエスをるごとに、みまえにひれし、さけんで、「あなたこそかみです」とった。

12 イエスは自身じしんのことをひとにあらわさないようにと、かれらをきびしくいましめられた。

13 さてイエスはやまのぼり、みこころにかなったものたちをせられたので、かれらはみもとにきた。

14 そこで十二にんをおてになった。かれらを自分じぶんのそばにくためであり、さらに宣教せんきょうにつかわし、

15 また悪霊あくれい権威けんいたせるためであった。

16 こうして、この十二にんをおてになった。そしてシモンにペテロというをつけ、

17 またゼベダイのヤコブと、ヤコブの兄弟きょうだいヨハネ、かれらにはボアネルゲ、すなわち、かみなりというをつけられた。

18 つぎにアンデレ、ピリポ、バルトロマイ、マタイ、トマス、アルパヨのヤコブ、タダイ、熱心ねっしんとうのシモン、

19 それからイスカリオテのユダ。このユダがイエスを裏切うらぎったのである。イエスがいえにはいられると、

20 群衆ぐんしゅうがまたあつまってきたので、一同いちどう食事しょくじをするひまもないほどであった。

21 身内みうちものたちはこのこといて、イエスを取押とりおさえにてきた。くるったとおもったからである。

22 また、エルサレムからくだってきた律法りっぽう学者がくしゃたちも、「かれはベルゼブルにとりつかれている」とい、「悪霊あくれいどものかしらによって、悪霊あくれいどもをしているのだ」ともった。

23 そこでイエスはかれらをせ、たとえをもってわれた、「どうして、サタンがサタンをすことができようか。

24 もしくに内部ないぶわかあらそうなら、そのくにかない。

25 また、もしいえうちわでわかあらそうなら、そのいえかないであろう。

26 もしサタンが内部ないぶ対立たいりつ分争ぶんそうするなら、かれけず、ほろんでしまう。

27 だれでも、まずつよひとしばりあげなければ、そのひといえって家財かざいうばることはできない。しばってからはじめて、そのいえ略奪りゃくだつすることができる。

28 よくかせておくが、ひとらには、そのおかすすべてのつみかみをけがす言葉ことばも、ゆるされる。

29 しかし、聖霊せいれいをけがすものは、いつまでもゆるされず、永遠えいえんつみさだめられる」。

30 そうわれたのは、かれらが「イエスはけがれたれいにつかれている」とっていたからである。

31 さて、イエスのはは兄弟きょうだいたちとがきて、そとち、ひとをやってイエスをばせた。

32 ときに、群衆ぐんしゅうはイエスをかこんですわっていたが、「ごらんなさい。あなたの母上ははうえ兄弟きょうだい姉妹しまいたちが、そとであなたをたずねておられます」とった。

33 すると、イエスはかれらにこたえてわれた、「わたしのはは、わたしの兄弟きょうだいとは、だれのことか」。

34 そして、自分じぶんをとりかこんで、すわっている人々ひとびとまわして、われた、「ごらんなさい、ここにわたしのはは、わたしの兄弟きょうだいがいる。

35 かみのみこころをおこなものはだれでも、わたしの兄弟きょうだい、また姉妹しまい、またははなのである」。