聖典
マルコによる福音書12
戻る 次へ

第12章

1 そこでイエスはたとえかれらにかたされた、「あるひとがぶどうえんつくり、かきをめぐらし、またさかぶねのあなり、やぐらをて、それを農夫のうふたちにして、たびかけた。

2 季節きせつになったので、農夫のうふたちのところへ、ひとりのしもべおくって、ぶどうえん収穫しゅうかくまえてさせようとした。

3 すると、かれらはそのしもべをつかまえて、ふくろだたきにし、からかえらせた。

4 またしもべおくったが、そのあたまをなぐって侮辱ぶじょくした。

5 そこでまたものおくったが、今度こんどはそれをころしてしまった。そのほか、なおおおぜいのものおくったが、かれらをったり、ころしたりした。

6 ここに、もうひとりのものがいた。それはかれ愛子あいしであった。自分じぶんうやまってくれるだろうとおもって、最後さいごかれをつかわした。

7 すると、農夫のうふたちは『あれはあとりだ。さあ、これをころしてしまおう。そうしたら、その財産ざいさんはわれわれのものになるのだ』とはない、

8 かれをつかまえてころし、ぶどうえんそとてた。

9 このぶどうえん主人しゅじんは、どうするだろうか。かれてきて、農夫のうふたちをころし、ぶどうえん人々ひとびとあたえるであろう。

10 あなたがたは、この聖書せいしょんだことがないのか。『いえつくりらのてたいしすみのかしらいしになった。

11 これはしゅがなされたことで、わたしたちのには不思議ふしぎえる』」。

12 かれらはいまのたとえが、自分じぶんたちにててかたられたことをさとったので、イエスをとらえようとしたが、群衆ぐんしゅうおそれた。そしてイエスをそこにのこしてった。

13 さて、人々ひとびとはパリサイびとやヘロデとうもの数人すうにん、イエスのもとにつかわして、その言葉ことばじりをとらえようとした。

14 かれらはきてイエスにった、「先生せんせい、わたしたちはあなたが真実しんじつなかたで、だれをも、はばかられないことをっています。あなたはひとへだてをなさらないで、真理しんりもとづいてかみみちおしえてくださいます。ところで、カイザルに税金ぜいきんおさめてよいでしょうか、いけないでしょうか。おさめるべきでしょうか、おさめてはならないのでしょうか」。

15 イエスはかれらの偽善ぎぜん見抜みぬいてわれた、「なぜわたしをためそうとするのか。デナリをってきてせなさい」。

16 かれらはそれをってきた。そこでイエスはわれた、「これは、だれの肖像しょうぞう、だれの記号きごうか」。かれらは「カイザルのです」とこたえた。

17 するとイエスはわれた、「カイザルのものはカイザルに、かみのものはかみかえしなさい」。かれらはイエスに驚嘆きょうたんした。

18 復活ふっかつということはないと主張しゅちょうしていたサドカイびとたちが、イエスのもとにきて質問しつもんした、

19 先生せんせい、モーセは、わたしたちのためにこういています、『もし、あるひとあにんで、そののこされたつまに、がない場合ばあいには、おとうとはこのおんなをめとって、あにのためにをもうけねばならない』。

20 ここに、七にん兄弟きょうだいがいました。長男ちょうなんつまをめとりましたが、がなくてに、

21 次男じなんがそのおんなをめとって、またをもうけずにに、三男さんなん同様どうようでした。

22 こうして、七にんともみな子孫しそんのこしませんでした。最後さいごにそのおんなにました。

23 復活ふっかつのとき、かれらがみなよみがえった場合ばあい、このおんなはだれのつまなのでしょうか。七にんとも彼女かのじょつまにしたのですが」。

24 イエスはわれた、「あなたがたがそんなおもちがいをしているのは、聖書せいしょかみちかららないからではないか。

25 かれらが死人しにんなかからよみがえるときには、めとったり、とついだりすることはない。かれらはてんにいる御使みつかいのようなものである。

26 死人しにんがよみがえることについては、モーセのしょしばへんで、かみがモーセにおおせられた言葉ことばんだことがないのか。『わたしはアブラハムのかみ、イサクのかみ、ヤコブのかみである』とあるではないか。

27 かみんだものかみではなく、きているものかみである。あなたがたは非常ひじょうおもちがいをしている」。

28 ひとりの律法りっぽう学者がくしゃがきて、かれらがたがいろんっているのをき、またイエスがたくみにこたえられたのをみとめて、イエスに質問しつもんした、「すべてのいましめのなかで、どれがだい一のものですか」。

29 イエスはこたえられた、「だい一のいましめはこれである、『イスラエルよ、け。しゅなるわたしたちのかみは、ただひとりのしゅである。

30 こころをつくし、精神せいしんをつくし、おもいをつくし、ちからをつくして、しゅなるあなたのかみあいせよ』。

31 だい二はこれである、『自分じぶんあいするようにあなたのとなひとあいせよ』。これより大事だいじないましめは、ほかにない」。

32 そこで、この律法りっぽう学者がくしゃはイエスにった、「先生せんせいおおせのとおりです、『かみはひとりであって、そのほかにかみはない』とわれたのは、ほんとうです。

33 また『こころをつくし、知恵ちえをつくし、ちからをつくしてかみあいし、また自分じぶんあいするようにとなひとあいする』ということは、すべての燔祭はんさい犠牲ぎせいよりも、はるかに大事だいじなことです」。

34 イエスは、かれ適切てきせつこたえをしたのをわれた、「あなたはかみくにからとおくない」。それからのちは、イエスにあえてものはなかった。

35 イエスがみやおしえておられたとき、こうわれた、「律法りっぽう学者がくしゃたちは、どうしてキリストをダビデのだとうのか。

36 ダビデ自身じしん聖霊せいれいかんじてった、『しゅはわがしゅおおせになった、あなたのてきをあなたのあしもとにくときまでは、わたしのみぎしていなさい』。

37 このように、ダビデ自身じしんがキリストをしゅんでいる。それなら、どうしてキリストはダビデのであろうか」。おおぜいの群衆ぐんしゅうは、よろこんでイエスにみみかたむけていた。

38 イエスはそのおしえなかわれた、「律法りっぽう学者がくしゃをつけなさい。かれらはながころもあるくことや、広場ひろばであいさつされることや、

39 また会堂かいどう上席じょうせき宴会えんかい上座かみざこのんでいる。

40 また、やもめたちのいえたおし、えのためにながいのりをする。かれらはもっときびしいさばきをけるであろう」。

41 イエスは、さいせんはこにむかってすわり、群衆ぐんしゅうがそのはこかねれる様子ようすておられた。おおくの金持かねもちは、たくさんのかねれていた。

42 ところが、ひとりのまずしいやもめがきて、レプタ二つをれた。それは一コドラントにあたる。

43 そこで、イエスは弟子でしたちをせてわれた、「よくきなさい。あのまずしいやもめは、さいせんはこれているひとたちのなかで、だれよりもたくさんれたのだ。

44 みんなのものはありあまるなかかられたが、あの婦人ふじんはそのとぼしいなかから、あらゆるもの、その生活せいかつ全部ぜんぶれたからである」。