マルコによる福音書10
    脚注
    Theme

    第10章

    1 それから、イエスはそこをって、ユダヤの地方ちほうとヨルダンのこうがわかれたが、群衆ぐんしゅうがまたあつまったので、いつものように、またおしえておられた。

    2 そのとき、パリサイびとたちがちかづいてきて、イエスをこころみようとして質問しつもんした、「おっとはそのつましてもしつかえないでしょうか」。

    3 イエスはこたえてわれた、「モーセはあなたがたになんとめいじたか」。

    4 かれらはった、「モーセは、離縁りえんじょういてつますことをゆるしました」。

    5 そこでイエスはわれた、「モーセはあなたがたのこころが、かたくななので、あなたがたのためにこのさだめをいたのである。

    6 しかし、天地てんち創造そうぞうはじめから、『かみひとおとこおんなとにつくられた。

    7 それゆえに、ひとはその父母ふぼはなれ、

    8 ふたりのもの一体いったいとなるべきである』。かれらはもはや、ふたりではなく一体いったいである。

    9 だから、かみわせられたものを、ひとはなしてはならない」。

    10 いえにはいってから、弟子でしたちはまたこのことについてたずねた。

    11 そこで、イエスはわれた、「だれでも、自分じぶんつましておんなをめとるものは、そのつまたいして姦淫かんいんおこなうのである。

    12 またつまが、そのおっとわかれておとこにとつぐならば、姦淫かんいんおこなうのである」。

    13 イエスにさわっていただくために、人々ひとびとおさらをみもとにれてきた。ところが、弟子でしたちはかれらをたしなめた。

    14 それをてイエスはいきどおり、かれらにわれた、「おさらをわたしのところるままにしておきなさい。めてはならない。かみくにはこのようなものくにである。

    15 よくいておくがよい。だれでもおさのようにかみくにけいれるものでなければ、そこにはいることはけっしてできない」。

    16 そしてかれらをいだき、をそのうえにおいて祝福しゅくふくされた。

    17 イエスがみちかれると、ひとりのひとはしり、みまえにひざまずいてたずねた、「よきよ、永遠えいえん生命せいめいけるために、なにをしたらよいでしょうか」。

    18 イエスはわれた、「なぜわたしをよきものうのか。かみひとりのほかによいものはいない。

    19 いましめはあなたのっているとおりである。『ころすな、姦淫かんいんするな、ぬすむな、偽証ぎしょうてるな。あざむるな。ちちははとをうやまえ』」。

    20 すると、かれった、「先生せんせい、それらのことはみな、ちいさいときからまもっております」。

    21 イエスはかれをとめ、いつくしんでわれた、「あなたにりないことが一つある。かえって、っているものをみなはらって、まずしい人々ひとびとほどこしなさい。そうすれば、てんたからつようになろう。そして、わたしにしたがってきなさい」。

    22 すると、かれはこの言葉ことばいて、かおくもらせ、かなしみながらった。たくさんの資産しさんっていたからである。

    23 それから、イエスはまわして、弟子でしたちにわれた、「財産ざいさんのあるものかみくににはいるのは、なんとむずかしいことであろう」。

    24 弟子でしたちはこの言葉ことばおどろあやしんだ。イエスはさらわれた、「たちよ、かみくににはいるのは、なんとむずかしいことであろう。

    25 んでいるものかみくににはいるよりは、らくだがはりあなとおほうが、もっとやさしい」。

    26 するとかれらはますますおどろいて、たがいった、「それでは、だれがすくわれることができるのだろう」。

    27 イエスはかれらをつめてわれた、「ひとにはできないが、かみにはできる。かみはなんでもできるからである」。

    28 ペテロがイエスにした、「ごらんなさい、わたしたちはいっさいをてて、あなたにしたがってまいりました」。

    29 イエスはわれた、「よくいておくがよい。だれでもわたしのために、また福音ふくいんのために、いえ兄弟きょうだい姉妹しまいははちち、もしくははたけてたものは、

    30 かならずその百ばいける。すなわち、いまこの時代じだいではいえ兄弟きょうだい姉妹しまいははおよびはたけ迫害はくがいともけ、また、きたるべきでは永遠えいえん生命せいめいける。

    31 しかし、おおくのさきものはあとになり、あとのものさきになるであろう」。

    32 さて、一同いちどうはエルサレムへのぼ途上とじょうにあったが、イエスが先頭せんとうってかれたので、かれらはおどろあやしみ、したがものたちはおそれた。するとイエスはまた十二弟子でしせて、自分じぶんおころうとすることについてかたりはじめられた、

    33 よ、わたしたちはエルサレムへのぼってくが、ひと祭司長さいしちょう律法りっぽう学者がくしゃたちのきわたされる。そしてかれらは死刑しけい宣告せんこくしたうえかれ異邦人いほうじんきわたすであろう。

    34 またかれをあざけり、つばきをかけ、むちち、ついにころしてしまう。そしてかれは三のちによみがえるであろう」。

    35 さて、ゼベダイののヤコブとヨハネとがイエスのもとにきてった、「先生せんせい、わたしたちがおたのみすることは、なんでもかなえてくださるようにおねがいします」。

    36 イエスはかれらに「なにをしてほしいと、ねがうのか」とわれた。

    37 するとかれらはった、「栄光えいこうをおけになるとき、ひとりをあなたのみぎに、ひとりをひだりにすわるようにしてください」。

    38 イエスはわれた、「あなたがたは自分じぶんなにもとめているのか、わかっていない。あなたがたは、わたしがさかずきみ、わたしがけるバプテスマをけることができるか」。

    39 かれらは「できます」とこたえた。するとイエスはわれた、「あなたがたは、わたしがさかずきみ、わたしがけるバプテスマをけるであろう。

    40 しかし、わたしのみぎひだりにすわらせることは、わたしのすることではなく、ただそなえられている人々ひとびとだけにゆるされることである」。

    41 にんものはこれをいて、ヤコブとヨハネとのことで憤慨ふんがいした。

    42 そこで、イエスはかれらをせてわれた、「あなたがたのっているとおり、異邦人いほうじん支配者しはいしゃられている人々ひとびとは、そのたみおさめ、またえらひとたちは、そのたみうえ権力けんりょくをふるっている。

    43 しかし、あなたがたのあいだでは、そうであってはならない。かえって、あなたがたのあいだえらくなりたいとおもものは、つかえるひととなり、

    44 あなたがたのあいだでかしらになりたいとおもものは、すべてのひとしもべとならねばならない。

    45 ひとがきたのも、つかえられるためではなく、つかえるためであり、またおおくのひとのあがないとして、自分じぶんいのちあたえるためである」。

    46 それから、かれらはエリコにきた。そして、イエスが弟子でしたちやおおぜいの群衆ぐんしゅうともにエリコからかけられたとき、テマイの、バルテマイという盲人もうじんのこじきが、みちばたにすわっていた。

    47 ところが、ナザレのイエスだといて、かれは「ダビデのイエスよ、わたしをあわれんでください」とさけした。

    48 おおくの人々ひとびとかれをしかってだまらせようとしたが、かれはますますはげしくさけびつづけた、「ダビデのイエスよ、わたしをあわれんでください」。

    49 イエスはちどまって「かれべ」とめいじられた。そこで、人々ひとびとはその盲人もうじんんでった、「よろこべ、て、おまえをんでおられる」。

    50 そこでかれ上着うわぎて、おどりあがってイエスのもとにきた。

    51 イエスはかれにむかってわれた、「わたしになにをしてほしいのか」。その盲人もうじんった、「先生せんせいえるようになることです」。

    52 そこでイエスはわれた、「け、あなたの信仰しんこうがあなたをすくった」。するとかれは、たちまちえるようになり、イエスにしたがってった。