マルコによる福音書5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 こうしてかれらはうみこうぎし、ゲラサびといた。

    2 それから、イエスがふねからあがられるとすぐに、けがれたれいにつかれたひと墓場はかばからてきて、イエスに出会であった。

    3 このひと墓場はかばをすみかとしており、もはやだれも、くさりでさえもかれをつなぎとめてけなかった。

    4 かれはたびたびあしかせやくさりでつながれたが、くさりきちぎり、あしかせをくだくので、だれもかれおさえつけることができなかったからである。

    5 そして、夜昼よるひるたえまなく墓場はかばやまさけびつづけて、いし自分じぶんのからだをきずつけていた。

    6 ところが、このひとがイエスをとおくからて、はしってはいし、

    7 大声おおごえさけんでった、「いとたかかみイエスよ、あなたはわたしとなんのかかわりがあるのです。かみちかっておねがいします。どうぞ、わたしをくるしめないでください」。

    8 それは、イエスが、「けがれたれいよ、このひとからけ」とわれたからである。

    9 またかれに、「なんという名前なまえか」とたずねられると、「レギオンといます。おおぜいなのですから」とこたえた。

    10 そして、自分じぶんたちをこの土地とちからさないようにと、しきりにねがいつづけた。

    11 さて、そこのやま中腹ちゅうふくに、ぶた大群たいぐんってあった。

    12 れいはイエスにねがってった、「わたしどもを、ぶたにはいらせてください。そのなかおくってください」。

    13 イエスがおゆるしになったので、けがれたれいどもはって、ぶたなかへはいりんだ。すると、そのれは二千ひきばかりであったが、がけからうみへなだれをってくだり、うみなかでおぼれんでしまった。

    14 ぶたものたちがして、まちむらにふれまわったので、人々ひとびと何事なにごとおこったのかとにきた。

    15 そして、イエスのところにきて、悪霊あくれいにつかれたひと着物きものて、正気しょうきになってすわっており、それがレギオンを宿やどしていたものであるのをて、おそれた。

    16 また、それをひとたちは、悪霊あくれいにつかれたひとおこったことぶたのこととを、かれらにはなしてかせた。

    17 そこで、人々ひとびとはイエスに、この地方ちほうからっていただきたいと、たのみはじめた。

    18 イエスがふねろうとされると、悪霊あくれいにつかれていたひとがおともをしたいとねがた。

    19 しかし、イエスはおゆるしにならないで、かれわれた、「あなたの家族かぞくのもとにかえって、しゅがどんなにおおきなことをしてくださったか、またどんなにあわれんでくださったか、それをらせなさい」。

    20 そこで、かれり、そして自分じぶんにイエスがしてくださったことを、ことごとくデカポリスの地方ちほういひろめしたので、人々ひとびとはみなおどろあやしんだ。

    21 イエスがまたふねこうぎしわたられると、おおぜいの群衆ぐんしゅうがみもとにあつまってきた。イエスはうみべにおられた。

    22 そこへ、会堂司かいどうづかさのひとりであるヤイロというものがきて、イエスをかけるとそのあしもとにひれし、

    23 しきりにねがってった、「わたしのおさなむすめにかかっています。どうぞ、そのがなおってたすかりますように、おいでになって、をおいてやってください」。

    24 そこで、イエスはかれ一緒いっしょかけられた。おおぜいの群衆ぐんしゅうもイエスにせまりながら、ついてった。

    25 さてここに、十二年間ねんかんながをわずらっているおんながいた。

    26 おおくの医者いしゃにかかって、さんざんくるしめられ、そのものをみなついやしてしまったが、なんのかいもないばかりか、かえってますますわるくなる一方いっぽうであった。

    27 このおんながイエスのことをいて、群衆ぐんしゅうなかにまぎれみ、うしろから、みころもにさわった。

    28 それは、せめて、みころもにでもさわれば、なおしていただけるだろうと、おもっていたからである。

    29 すると、もとがすぐにかわき、おんな病気びょうきがなおったことを、そのかんじた。

    30 イエスはすぐ、自分じぶんうちからちからったことにづかれて、群衆ぐんしゅうなかき、「わたしの着物きものにさわったのはだれか」とわれた。

    31 そこで弟子でしたちがった、「ごらんのとおり、群衆ぐんしゅうがあなたにせまっていますのに、だれがさわったかと、おっしゃるのですか」。

    32 しかし、イエスはさわったものつけようとして、まわしておられた。

    33 そのおんな自分じぶんおこったことをって、おそれおののきながらすすて、みまえにひれして、すべてありのままをもうげた。

    34 イエスはそのおんなわれた、「むすめよ、あなたの信仰しんこうがあなたをすくったのです。安心あんしんしてきなさい。すっかりなおって、達者たっしゃでいなさい」。

    35 イエスが、まだはなしておられるうちに、会堂司かいどうづかさいえから人々ひとびとがきてった、「あなたのむすめはなくなりました。このうえ、先生せんせいわずらわすにはおよびますまい」。

    36 イエスはそのはなしている言葉ことばながして、会堂司かいどうづかさわれた、「おそれることはない。ただしんじなさい」。

    37 そしてペテロ、ヤコブ、ヤコブの兄弟きょうだいヨハネのほかは、ついてることを、だれにもおゆるしにならなかった。

    38 かれらが会堂司かいどうづかさいえくと、イエスは人々ひとびと大声おおごえいたり、さけんだりして、さわいでいるのをごらんになり、

    39 うちにはいって、かれらにわれた、「なぜさわいでいるのか。子供こどもんだのではない。ねむっているだけである」。

    40 人々ひとびとはイエスをあざわらった。しかし、イエスはみんなのものそとし、子供こども父母ふぼともものたちだけをれて、子供こどものいるところにはいってかれた。

    41 そして子供こどもって、「タリタ、クミ」とわれた。それは、「少女しょうじょよ、さあ、きなさい」という意味いみである。

    42 すると、少女しょうじょはすぐにがって、あるした。十二さいにもなっていたからである。かれらはたちまち非常ひじょうおどろきにたれた。

    43 イエスは、だれにもこのことらすなと、きびしくかれらにめいじ、また、少女しょうじょ食物しょくもつあたえるようにとわれた。