マルコによる福音書2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 幾日いくにちかたって、イエスがまたカペナウムにおかえりになったとき、いえにおられるといううわさがったので、

    2 おおくの人々ひとびとあつまってきて、もはや戸口とぐちのあたりまでも、すきまがいほどになった。そして、イエスは御言みことばかれらにかたっておられた。

    3 すると、人々ひとびとがひとりの中風ちゅうぶものを四にんひとはこばせて、イエスのところにれてきた。

    4 ところが、群衆ぐんしゅうのために近寄ちかよることができないので、イエスのおられるあたりの屋根やねをはぎ、あなをあけて、中風ちゅうぶものかせたまま、とこをつりおろした。

    5 イエスはかれらの信仰しんこうて、中風ちゅうぶものに、「よ、あなたのつみはゆるされた」とわれた。

    6 ところが、そこに幾人いくにんかの律法りっぽう学者がくしゃがすわっていて、こころなかろんじた、

    7 「このひとは、なぜあんなことをうのか。それはかみをけがすことだ。かみひとりのほかに、だれがつみをゆるすことができるか」。

    8 イエスは、かれらが内心ないしんこのようにろんじているのを、自分じぶんこころですぐぬいて、「なぜ、あなたがたはこころなかでそんなことをろんじているのか。

    9 中風ちゅうぶものに、あなたのつみはゆるされた、とうのと、きよ、とこりあげてあるけ、とうのと、どちらがたやすいか。

    10 しかし、ひと地上ちじょうつみをゆるす権威けんいをもっていることが、あなたがたにわかるために」とかれらにい、中風ちゅうぶものにむかって、

    11 「あなたにめいじる。きよ、とこりあげていえかえれ」とわれた。

    12 するとかれきあがり、すぐにとこりあげて、みんなのまえったので、一同いちどうおおいにおどろき、かみをあがめて、「こんなことは、まだ一たことがない」とった。

    13 イエスはまたうみべにかれると、おおくの人々ひとびとがみもとにあつまってきたので、かれらをおしえられた。

    14 また途中とちゅうで、アルパヨのレビが収税所しゅうぜいしょにすわっているのをごらんになって、「わたしにしたがってきなさい」とわれた。するとかれちあがって、イエスにしたがった。

    15 それからかれいえで、食事しょくじせきについておられたときのことである。おおくの取税人しゅぜいにん罪人つみびとたちも、イエスや弟子でしたちとともにそのせきいていた。こんなひとたちがおおぜいいて、イエスにしたがってきたのである。

    16 パリサイ律法りっぽう学者がくしゃたちは、イエスが罪人つみびと取税人しゅぜいにんたちと食事しょくじともにしておられるのをて、弟子でしたちにった、「なぜ、かれ取税人しゅぜいにん罪人つみびとなどと食事しょくじともにするのか」。

    17 イエスはこれをいてわれた、「丈夫じょうぶひとには医者いしゃはいらない。いるのは病人びょうにんである。わたしがきたのは、義人ぎじんまねくためではなく、罪人つみびとまねくためである」。

    18 ヨハネの弟子でしとパリサイびととは、断食だんじきをしていた。そこで人々ひとびとがきて、イエスにった、「ヨハネの弟子でしたちとパリサイびと弟子でしたちとが断食だんじきをしているのに、あなたの弟子でしたちは、なぜ断食だんじきをしないのですか」。

    19 するとイエスはわれた、「婚礼こんれいきゃくは、花婿はなむこ一緒いっしょにいるのに、断食だんじきができるであろうか。花婿はなむこ一緒いっしょにいるあいだは、断食だんじきはできない。

    20 しかし、花婿はなむこうばられるる。そのには断食だんじきをするであろう。

    21 だれも、真新まあたらしいぬのぎれを、ふる着物きものいつけはしない。もしそうすれば、あたらしいつぎはふる着物きものやぶり、そして、やぶれがもっとひどくなる。

    22 まただれも、あたらしいぶどうしゅふるかわぶくろれはしない。もしそうすれば、ぶどうしゅかわぶくろをはりき、そして、ぶどうしゅかわぶくろもむだになってしまう。〔だから、あたらしいぶどうしゅあたらしいかわぶくろれるべきである〕」。

    23 ある安息日あんそくにちに、イエスは麦畑むぎばたけなかをとおってかれた。そのとき弟子でしたちが、あるきながらをつみはじめた。

    24 すると、パリサイびとたちがイエスにった、「いったい、かれらはなぜ、安息日あんそくにちにしてはならぬことをするのですか」。

    25 そこでかれらにわれた、「あなたがたは、ダビデとそのともものたちとが食物しょくもつがなくてえたとき、ダビデがなにをしたか、まだんだことがないのか。

    26 すなわち、大祭司だいさいしアビアタルのときかみいえにはいって、祭司さいしたちのほかべてはならぬそなえのパンを、自分じぶんべ、またともものたちにもあたえたではないか」。

    27 またかれらにわれた、「安息日あんそくにちひとのためにあるもので、ひと安息日あんそくにちのためにあるのではない。

    28 それだから、ひとは、安息日あんそくにちにもまたしゅなのである」。