ヨハネの第二の手紙1
    脚注
    Theme

    ヨハネのだい二の手紙てがみ

    第1章

    1 長老ちょうろうのわたしから、真実しんじつあいしているえらばれた婦人ふじんとそのたちへ。あなたがたをあいしているのは、わたしだけではなく、真理しんりっているものはみなそうである。

    2 それは、わたしたちのうちにあり、また永遠えいえんともにあるべき真理しんりによるのである。

    3 ちちなるかみおよびちち御子みこイエス・キリストから、めぐみとあわれみと平安へいあんとが、真理しんりあいのうちにあって、わたしたちとともにあるように。

    4 あなたの子供こどもたちのうちで、わたしたちがちちからけたいましめどおりに、真理しんりのうちをあるいているものがあるのをて、わたしは非常ひじょうよろこんでいる。

    5 婦人ふじんよ。ここにおねがいしたいことがある。それは、あたらしいいましめをくわけではなく、はじめからっていたいましめなのであるが、わたしたちは、みんなたがいあいし合おうではないか。

    6 ちちいましめどおりにあるくことが、すなわち、あいであり、あなたがたがはじめからいてきたとおりにあいのうちをあるくことが、すなわち、いましめなのである。

    7 なぜなら、イエス・キリストが肉体にくたいをとってこられたことを告白こくはくしないでひとまどわすものが、おおにはいってきたからである。そういうものは、まどわすものであり、はんキリストである。

    8 よく注意ちゅういして、わたしたちのはたらいて成果せいかうしなうことがなく、ゆたかなむくいをけられるようにしなさい。

    9 すべてキリストのおしえをとおりごして、それにとどまらないものは、かみっていないのである。そのおしえにとどまっているものは、ちちち、また御子みこをもつ。

    10 このおしえたずにあなたがたのところにものがあれば、そのひといえれることも、あいさつすることもしてはいけない。

    11 そのようなひとにあいさつするものは、そのわるおこないにあずかることになるからである。

    12 あなたがたにきおくることはたくさんあるが、かみすみとでくことはすまい。むしろ、あなたがたのところにき、直接ちょくせつはなしって、ともよろこびにちあふれたいものである。

    13 えらばれたあなたの姉妹しまい子供こどもたちが、あなたによろしく。