ピレモンヘの手紙1
    脚注
    Theme

    ピレモンヘの手紙てがみ

    第1章

    1 キリスト・イエスの囚人しゅうじんパウロと兄弟きょうだいテモテから、わたしたちのあいする同労者どうろうしゃピレモン、

    2 姉妹しまいアピヤ、わたしたちの戦友せんゆうアルキポ、ならびに、あなたのいえにある教会きょうかいへ。

    3 わたしたちのちちなるかみしゅイエス・キリストから、めぐみと平安へいあんとが、あなたがたにあるように。

    4 わたしは、いのりときにあなたをおぼえて、いつもわたしのかみ感謝かんしゃしている。

    5 それは、しゅイエスにたいし、また、すべての聖徒せいとたいするあなたのあい信仰しんこうとについて、いているからである。

    6 どうか、あなたの信仰しんこうまじわりがつよめられて、わたしたちのあいだでキリストのためになされているすべてのいことが、られてるようになってほしい。

    7 兄弟きょうだいよ。わたしは、あなたのあいによっておおくのよろこびとなぐさめとをあたえられた。聖徒せいとたちのこころが、あなたによってちからづけられたからである。

    8 こういうわけで、わたしは、キリストにあってあなたのなすべきことを、きわめて率直そっちょく指示しじしてもよいとおもうが、

    9 むしろ、あいのゆえにおねがいする。すでに老年ろうねんになり、いままたキリスト・イエスの囚人しゅうじんとなっているこのパウロが、

    10 とらわれのんだわたしの子供こどもオネシモについて、あなたにおねがいする。

    11 かれ以前いぜんは、あなたにとって無益むえきものであったが、いまは、あなたにも、わたしにも、有益ゆうえきものになった。

    12 かれをあなたのもとにおくりかえす。かれはわたしのこころである。

    13 わたしはかれ身近みぢかきとめておいて、わたしが福音ふくいんのためにとらわれているあいだ、あなたにかわってつかえてもらいたかったのである。

    14 しかし、わたしは、あなたの承諾しょうだくなしにはなにもしたくない。あなたが強制きょうせいされておこないをするのではなく、自発じはつてきにすることをねがっている。

    15 かれがしばらくのあいだあなたからはなれていたのは、あなたがかれをいつまでもめておくためであったかもれない。

    16 しかも、もはや奴隷どれいとしてではなく、奴隷どれい以上いじょうのもの、あいする兄弟きょうだいとしてである。とりわけ、わたしにとってそうであるが、ましてあなたにとっては、にくにおいても、しゅにあっても、それ以上いじょうであろう。

    17 そこで、もしわたしをあなたの信仰しんこうともおもってくれるなら、わたし同様どうようかれけいれてほしい。

    18 もし、かれがあなたになに不都合ふつごうなことをしたか、あるいは、なに負債ふさいがあれば、それをわたしのりにしておいてほしい。

    19 このパウロがずからしるす、わたしがそれを返済へんさいする。このさい、あなたが、あなた自身じしんをわたしにうていることについては、なにうまい。

    20 兄弟きょうだいよ。わたしはあなたから、しゅにあってなにえきたいものである。わたしのこころを、しゅにあってちからづけてもらいたい。

    21 わたしはあなたの従順じゅうじゅんかたしんじて、この手紙てがみく。あなたは、たしかにわたしが以上いじょうのことをしてくれるだろう。

    22 ついでにおねがいするが、わたしのために宿やど用意よういしておいてほしい。あなたがたのいのりによって、あなたがたのところかせてもらえるようにのぞんでいるのだから。

    23 キリスト・イエスにあって、わたしとともとらわれのになっているエパフラスから、あなたによろしく。

    24 わたしの同労者どうろうしゃたち、マルコ、アリスタルコ、デマス、ルカからも、よろしく。

    25 しゅイエス・キリストのめぐみが、あなたがたのれいともにあるように。