テトスヘの手紙3
    脚注
    Theme

    第3章

    1 あなたはかれらにすすめて、支配者しはいしゃ権威けんいあるものふくし、これにしたがい、いつでもいわざをする用意よういがあり、

    2 だれをもそしらず、あらそわず、寛容かんようであって、すべてのひとたいしてどこまでも柔和にゅうわ態度たいどしめすべきことを、おもさせなさい。

    3 わたしたちも以前いぜんには、無分別むふんべつで、従順じゅうじゅんな、まよっていたものであって、さまざまの情欲じょうよく快楽かいらくとの奴隷どれいになり、悪意あくいとねたみとでごし、ひとにくまれ、たがいにくっていた。

    4 ところが、わたしたちの救主すくいぬしなるかみ慈悲じひ博愛はくあいとがあらわれたとき、

    5 わたしたちのおこなったのわざによってではなく、ただかみのあわれみによって、再生さいせいあらいをけ、聖霊せいれいによりあらたにされて、わたしたちはすくわれたのである。

    6 この聖霊せいれいは、わたしたちの救主すくいぬしイエス・キリストをとおして、わたしたちのうえゆたかにそそがれた。

    7 これは、わたしたちが、キリストのめぐみによってとされ、永遠えいえんのいのちをのぞむことによって、御国みくにをつぐものとなるためである。

    8 この言葉ことば確実かくじつである。わたしは、あなたがそれらのことを主張しゅちょうするのをねがっている。それは、かみしんじているものたちが、つとめていわざをはげむことをこころがけるようになるためである。これはいことであって、人々ひとびとえきとなる。

    9 しかし、おろかな議論ぎろんと、系図けいずと、あらそいと、律法りっぽうについての論争ろんそうとを、けなさい。それらは無益むえきかつ空虚くうきょなことである。

    10 異端者いたんしゃは、一、二訓戒くんかいくわえたうえ退しりぞけなさい。

    11 たしかに、こういうひとたちは、邪道じゃどうおちいり、みずかあくりつつも、つみおかしているからである。

    12 わたしがアルテマスかテキコかをあなたのところにおくったなら、いそいでニコポリにいるわたしのところにきなさい。わたしは、そこでふゆごすことにした。

    13 法学者ほうがくしゃゼナスと、アポロとを、いそいでたびにつかせ、不自由ふじゆうのないようにしてあげなさい。

    14 わたしたちの仲間なかまも、さしせまった必要ひつようそなえて、つとめていわざをはげみ、むすばぬものとならないように、こころがけるべきである。

    15 わたしとともにいる一同いちどうものから、あなたによろしく。わたしたちをあいしている信徒しんとたちに、よろしく。めぐみが、あなたがた一同いちどうともにあるように。