マルコによる福音書11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 さて、かれらがエルサレムにちかづき、オリブのやま沿ったベテパゲ、ベタニヤの附近ふきんにきたとき、イエスはふたりの弟子でしをつかわしてわれた、

    2 「むこうのむらきなさい。そこにはいるとすぐ、まだだれもったことのないろばのが、つないであるのをるであろう。それをいていてきなさい。

    3 もし、だれかがあなたがたに、なぜそんなことをするのかとったなら、しゅがおようなのです。またすぐ、ここへかえしてくださいますと、いなさい」。

    4 そこで、かれらはかけてき、そして表通おもてどおりの戸口とぐちに、ろばのがつないであるのをたので、それをいた。

    5 すると、そこにっていた人々ひとびとった、「そのろばのいて、どうするのか」。

    6 弟子でしたちは、イエスがわれたとおりかれらにはなしたので、ゆるしてくれた。

    7 そこで、弟子でしたちは、そのろばのをイエスのところにいてきて、自分じぶんたちの上着うわぎをそれにげかけると、イエスはそのうえにおりになった。

    8 するとおおくの人々ひとびと自分じぶんたちの上着うわぎみちき、また人々ひとびとのついたえだ野原のはらからってきていた。

    9 そして、まえものも、あとにしたがものともさけびつづけた、「ホサナ、しゅ御名みなによってきたるものに、祝福しゅくふくあれ。

    10 いまきたる、われらのちちダビデのくにに、祝福しゅくふくあれ。いとたかところに、ホサナ」。

    11 こうしてイエスはエルサレムにき、みやにはいられた。そして、すべてのものをまわったのち、もはやときもおそくなっていたので、十二弟子でしともにベタニヤにかれた。

    12 翌日よくじつかれらがベタニヤからかけてきたとき、イエスは空腹くうふくをおぼえられた。

    13 そして、しげったいちじくのとおくからごらんになって、そのなにかありはしないかと近寄ちかよられたが、のほかはなに見当みあたらなかった。いちじくの季節きせつでなかったからである。

    14 そこで、イエスはそのにむかって、「いまからのちいつまでも、おまえのべるものがないように」とわれた。弟子でしたちはこれをいていた。

    15 それから、かれらはエルサレムにきた。イエスはみやはいり、みやにわいしていた人々ひとびとしはじめ、両替人りょうがえにんだいや、はとをもの腰掛こしかけをくつがえし、

    16 またうつわものをってみやにわとおけるのをおゆるしにならなかった。

    17 そして、かれらにおしえてわれた、「『わたしのいえは、すべての国民こくみんいのりいえととなえらるべきである』といてあるではないか。それだのに、あなたがたはそれを強盗ごうとうにしてしまった」。

    18 祭司長さいしちょう律法りっぽう学者がくしゃたちはこれをいて、どうかしてイエスをころそうとはかった。かれらは、群衆ぐんしゅうがみなそのおしえ感動かんどうしていたので、イエスをおそれていたからである。

    19 夕方ゆうがたになると、イエスと弟子でしたちとは、いつものようにみやこそとった。

    20 あさはやくみちをとおっていると、かれらはさきのいちじくが根元ねもとかられているのをた。

    21 そこで、ペテロはおもしてイエスにった、「先生せんせい、ごらんなさい。あなたがのろわれたいちじくが、れています」。

    22 イエスはこたえてわれた、「かみしんじなさい。

    23 よくいておくがよい。だれでもこのやまに、うごして、うみなかにはいれとい、そのったことはかならると、こころうたがわないでしんじるなら、そのとおりにるであろう。

    24 そこで、あなたがたにうが、なんでもいのもとめることは、すでにかなえられたとしんじなさい。そうすれば、そのとおりになるであろう。

    25 またっていのるとき、だれかにたいして、なにうらことがあるならば、ゆるしてやりなさい。そうすれば、てんにいますあなたがたのちちも、あなたがたのあやまちを、ゆるしてくださるであろう。

    26 もしゆるさないならば、てんにいますあなたがたのちちも、あなたがたのあやまちを、ゆるしてくださらないであろう〕」。

    27 かれらはまたエルサレムにきた。そして、イエスがみやうちあるいておられると、祭司長さいしちょう律法りっぽう学者がくしゃ長老ちょうろうたちが、みもとにきてった、

    28 なに権威けんいによってこれらのことをするのですか。だれが、そうする権威けんいさづけたのですか」。

    29 そこで、イエスはかれらにわれた、「一つだけたずねよう。それにこたえてほしい。そうしたら、なに権威けんいによって、わたしがこれらのことをするのか、あなたがたにおう。

    30 ヨハネのバプテスマはてんからであったか、ひとからであったか、こたえなさい」。

    31 すると、かれらはたがいろんじてった、「もしてんからだとえば、では、なぜかれしんじなかったのか、とイエスはうだろう。

    32 しかし、ひとからだとえば……」。かれらは群衆ぐんしゅうおそれていた。人々ひとびとみな、ヨハネを預言者よげんしゃだとほんとうにおもっていたからである。

    33 それでかれらは「わたしたちにはわかりません」とこたえた。するとイエスはわれた、「わたしもなに権威けんいによってこれらのことをするのか、あなたがたにうまい」。