メルキゼデク​神権
    脚注
    Theme

    メルキゼデク​神権

    メルキゼデク​神権​は​大​神権​で​あり,アロン​神権​は​小​神権​で​ある。メルキゼデク​神権​には,教会​の​霊的​な​祝福​の​かぎ​が​含まれる。この​大​神権​の​儀式​を​通して​神性​の​力​が​人々​に​現れる(教義 84:18-25107:18-21)。

    神​は​最初​に​この​大​神権​を​アダム​に​示された。あらゆる​神権​時代​の​族長​と​預言者​が​この​権能​を​持って​いた(教義 84:6-17)。初め​は「神​の​御子​の​位​に​従う​聖なる​神権」と​呼ばれ,後​に​メルキゼデク​神権​として​知られる​よう​に​なった(教義 107:2-4)。

    イスラエル​の​子ら​が​メルキゼデク​神権​の​特権​と​聖約​に​ふさわしい​生き方​が​できなかった​とき,主​は​その​高い​律法​を​取り去り,小​神権​と​低い​律法​と​を​授けられた(教義 84:23-26)。それ​は​アロン​神権​ならびに​モーセ​の​律法​と​呼ばれた。イエス​は​地上​に​来られた​とき,ユダヤ人​に​メルキゼデク​神権​を​回復​し,彼ら​の​中​に​教会​を​築き​始められた。しかし,この​神権​と​教会​は​背教​に​よって​再び​失われて​しまった。そして​後​に,ジョセフ・スミス・ジュニア​を​通して​回復​された​の​で​ある(教義 27:12-13128:20ジ-歴史​1:73)。

    メルキゼデク​神権​には,長老,大祭司,祝福師,七十人,使徒​の​職​が​ある(教義 107章)。メルキゼデク​神権​は​常に,地上​に​おける​神​の​王国​の​一部​を​成す。

    末日​聖徒​イエス・キリスト​教会​の​大管長​は,大​神権​すなわち​メルキゼデク​神権​の​大管長​で​あり,地上​に​おける​神​の​王国​に​関する​すべて​の​かぎ​を​持つ。教会​の​大管長​の​召し​は​一時期​に​一人​の​人​に​しか​与えられない。また,教会​の​大管長​は​すべて​の​神権​の​かぎ​を​行使​する​権能​を​持つ​地上​で​ただ​一人​の​人​で​ある(教義 107:64-67132:7)。