学習ヘルプ
ネヘミヤ
脚注

Hide Footnotes

テーマ

ネヘミヤ

『旧約​聖書』の​中​の​人物。バビロン​に​いた​高貴​な​身分​の​イスラエル人(レビ人​または​ユダ​の​部族​に​属して​いた)で,アルタシャスタ​王​の​宮廷​で​給仕​役​の​地位​に​あった。ネヘミヤ​は​アルタシャスタ​から​エルサレム​の​城壁​の​再建​を​認める​と​の​許可​を​得た。

ネヘミヤ記

この​書​は​エズラ記​の​続編​で​ある。ユダヤ人​が​バビロニア捕囚​から​帰還​した​後​の,エルサレム​で​の​工事​の​進展​と​数々​の​障害​に​ついて​の​記録​が​含まれて​いる。第 1-7章​には,ネヘミヤ​の​第 1回​エルサレム​訪問​と,大きな​障害​に​も​かかわらず​城壁​が​再建​された​こと​が​書かれて​いる。第 8-10章​には,ネヘミヤ​が​実施​しよう​と​した​宗教​上​の​改革​と​社会​改革​に​ついて​述べられて​いる。第 11-13章​には,エルサレム​に​住む​資格​の​ある​人々​の​名前​が​列挙​され,また​城壁​の​奉献​の​様子​が​記録​されて​いる。第 13章​の​第 4-31​節​には,12​年間​在職​した​後​の​ネヘミヤ​の​2度​目​の​エルサレム​訪問​の​こと​が​記されて​いる。