テサロニケ人への手紙
    脚注
    Theme

    テサロニケ人への手紙

    『新約​聖書』の​中​の​2​書。紀元​50​年​ごろ,初めて​ヨーロッパ​を​訪れた​パウロ​が,コリント​滞在​中​に​テサロニケ人​に​書き​送った​手紙。テサロニケ​で​の​パウロ​の​働き​に​ついて​は,使徒​17章​に​述べられて​いる。パウロ​は​テサロニケ​へ​帰る​こと​を​望んだ​が,そう​できなかった(1テサ​2:18)。そこで​パウロ​は​改宗​者​を​励まし,彼ら​の​近況​を​知る​ため​に​テモテ​を​派遣​した。第一​の​手紙​は,テモテ​が​帰って​直ちに​書かれた​パウロ​の​感謝​の​気持ち​で​ある。

    テサロニケ人への第一の手紙

    第 1-2章​には,聖徒​たち​へ​の​パウロ​の​あいさつ​と​祈り​が​記されて​いる。第 3-5章​には,霊的​な​成長​や​愛,純潔,勤勉,イエス・キリスト​の​再臨​に​ついて​の​教え​が​書かれて​いる。

    テサロニケ人への第二の手紙

    第 1章​には,聖徒​の​ため​の​祈り​が​記されて​いる。第 2章​には,やがて​背教​が​起こる​こと​が​述べられて​いる。第 3章​には,福音​の​目的​が​達せられる​よう​に​と​の​パウロ​の​祈り​が​書かれて​いる。