テサロニケ人への第二の手紙3
戻る 次へ


第3章

1 最後さいごに、兄弟きょうだいたちよ。わたしたちのためにいのってほしい。どうかしゅ言葉ことばが、あなたがたのところおなじように、ここでもはやひろまり、また、あがめられるように。

2 また、どうか、わたしたちが不都合ふつごう悪人あくにんからすくわれるように。事実じじつ、すべてのひと信仰しんこうっているわけではない。

3 しかし、しゅ真実しんじつなかたであるから、あなたがたをつよめ、しきものからまもってくださるであろう。

4 わたしたちがめいじることを、あなたがたはげん実行じっこうしており、また、実行じっこうするであろうと、わたしたちは、しゅにあって確信かくしんしている。

5 どうか、しゅがあなたがたのこころみちびいて、かみあいとキリストの忍耐にんたいとをたせてくださるように。

6 兄弟きょうだいたちよ。しゅイエス・キリストのによってあなたがたにめいじる。怠惰たいだ生活せいかつをして、わたしたちからけた言伝いいつたえにしたがわないすべての兄弟きょうだいたちから、とおざかりなさい。

7 わたしたちに、どうならうべきであるかは、あなたがた自身じしんっているはずである。あなたがたのところにいたときには、わたしたちは怠惰たいだ生活せいかつをしなかったし、

8 ひとからパンをもらってべることもしなかった。それどころか、あなたがたのだれにも負担ふたんをかけまいと、日夜にちや労苦ろうく努力どりょくしてはたらつづけた。

9 それは、わたしたちにその権利けんりがないからではなく、ただわたしたちにあなたがたが見習みならうように、をもって模範もはんしめしたのである。

10 また、あなたがたのところにいたときに、「はたらこうとしないものは、べることもしてはならない」とめいじておいた。

11 ところが、くところによると、あなたがたのうちのあるもの怠惰たいだ生活せいかつおくり、はたらかないで、ただいたずらにうごきまわっているとのことである。

12 こうした人々ひとびとたいしては、しずかにはたらいて自分じぶんたパンをべるように、しゅイエス・キリストによってめいじまたすすめる。

13 兄弟きょうだいたちよ。あなたがたは、たゆまずにはたらきをしなさい。

14 もしこの手紙てがみにしるしたわたしたちの言葉ことばしたがわないひとがあれば、そのようなひとには注意ちゅういをして、交際こうさいしないがよい。かれみずかじるようになるためである。

15 しかし、かれてきのようにおもわないで、兄弟きょうだいとして訓戒くんかいしなさい。

16 どうか、平和へいわしゅ自身じしんが、いついかなる場合ばあいにも、あなたがたに平和へいわあたえてくださるように。しゅがあなたがた一同いちどうともにおられるように。

17 ここでパウロ自身じしんが、ずからあいさつをく。これは、わたしのどの手紙てがみにもしるしである。わたしは、このようにく。

18 どうか、わたしたちのしゅイエス・キリストのめぐみが、あなたがた一同いちどうともにあるように。