テサロニケ人への第二の手紙2
戻る 次へ


第2章

1 さて兄弟きょうだいたちよ。わたしたちのしゅイエス・キリストの来臨らいりんと、わたしたちがみもとにあつめられることとについて、あなたがたにおねがいすることがある。

2 れいにより、あるいは言葉ことばにより、あるいはわたしたちからたという手紙てがみによって、しゅはすでにきたとふれまわるものがあっても、すぐさまこころうごかされたり、あわてたりしてはいけない。

3 だれがどんなことをしても、それにだまされてはならない。まず背教はいきょうのことがおこり、不法ふほうもの、すなわち、ほろびのあらわれるにちがいない。

4 かれは、すべてかみばれたりおがまれたりするものに反抗はんこうしてがり、みずかかみみやして、自分じぶんかみだと宣言せんげんする。

5 わたしがまだあなたがたのところにいたとき、これらのことをくりかえしてったのをおもさないのか。

6 そして、あなたがたがっているとおり、かれ自分じぶんさだめられたときになってからあらわれるように、いまかれ阻止そししているものがある。

7 不法ふほう秘密ひみつちからが、すでにはたらいているのである。ただそれは、いま阻止そししているもののぞかれるときまでのことである。

8 そのときになると、不法ふほうものあらわれる。このものを、しゅイエスはくちいきをもってころし、来臨らいりんかがやきによってほろぼすであろう。

9 不法ふほうものるのは、サタンのはたらきによるのであって、あらゆるいつわりのちからと、しるしと、不思議ふしぎと、

10 また、あらゆる不義ふぎまどわしとを、ほろぶべきものどもにたいしておこなうためである。かれらがほろびるのは、自分じぶんらのすくいとなるべき真理しんりたいするあいけいれなかったむくいである。

11 そこでかみは、かれらがいつわりをしんじるように、まよわすちからおくり、

12 こうして、真理しんりしんじないで不義ふぎよろこんでいたすべてのひとを、さばくのである。

13 しかし、しゅあいされている兄弟きょうだいたちよ。わたしたちはいつもあなたがたのことを、かみ感謝かんしゃせずにはおられない。それは、かみがあなたがたをはじめからえらんで、御霊みたまによるきよめと、真理しんりたいする信仰しんこうとによって、すくいさせようとし、

14 そのために、わたしたちの福音ふくいんによりあなたがたをして、わたしたちのしゅイエス・キリストの栄光えいこうにあずからせてくださるからである。

15 そこで、兄弟きょうだいたちよ。かたって、わたしたちの言葉ことば手紙てがみおしえられた言伝いいつたえを、しっかりとまもつづけなさい。

16 どうか、わたしたちのしゅイエス・キリストご自身じしんと、わたしたちをあいし、めぐみをもって永遠えいえんなぐさめとたしかなのぞみとをたまわるわたしたちのちちなるかみとが、

17 あなたがたのこころはげまし、あなたがたをつよめて、すべてのいわざをおこない、ただしい言葉ことばかたものとしてくださるように。