学習ヘルプ
マラキ
戻る 次へ

マラキ

旧約の預言者。紀元前430年ごろに預言者として働き,記録を残した。

マラキ書

マラキ書すなわちマラキの預言の書は,『旧約聖書』の巻末に収められている。マラキ書は次の4つの主題に添って書かれていると思われる。(1)イスラエルの罪—マラキ1:6-2:173:8-9。(2)不従順のゆえにイスラエルに下される裁き—マラキ1:142:2-3,123:5。(3)従順に対する約束—マラキ3:10-12,16-184:2-3。(4)イスラエルについての預言—マラキ3:1-54:1,5-6教義2章128:17ジ—歴史1:37-39)。

マラキはその預言の中で,バプテスマのヨハネ(マラ3:1マタ11:10),じゅうぶんの一の律法(マラ3:7-12),主の再臨(マラ4:5),エリヤの帰還(マラ4:5-6教義2章128:17ジ—歴史1:37-39)について記している。救い主はニーファイ人のために,マラキ書の第3章と第4章のすべてを引用された(3ニフ24-25章)。